search
LoginSignup
1

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

30代エンジニアがG検定取得した奮闘記(JDLA Deep Learning for GENERAL 2019#2)

はじめに

今後10~20年後を考えた際に、
AIの知識は無駄にならないと確信しているため、
受験することにしました。

本音を言えば、E検定を受けたかったが、前提の講義費用が高い。。(最低20万~)
そのため、まずはG検定取得することにしました。
(G検定合格後、E検定費用だしてもらえないか交渉中)

前提知識

・理系大学出身(微積分などの数理部分は理解しているつもり)
・ITエンジニア10年(ptyhonは最近だが、java等の応用でいけるだろうと楽観)

勉強期間

1か月

勉強方法

書物について、フリマアプリで探しましたが、
ほとんどSOLD OUTだったため、
同様に目指している方は定期的に見ることをお勧めします。
(個人的に失敗したなと反省。。)

1.教科書(1週間)
人工知能は人間を超えるかを流し読み

2.問題集(2週間)
徹底攻略 ディープラーニングG検定 ジェネラリスト問題集
を解きながら調べ理解を深める。

3.模擬テスト(1週間)
Study-AI
仕上げ。

まとめ

勉強中。(受験日:2019/07/06)

試験終わりましたが、難しかった。。。
5割はできたと思いますが、勉強不足が否めない。。
人物問題でないやんけ。。計算問題もちょっとだけやん。。。
20問ぐらい法律・倫理問題なので、
AI白書に載ってたのかもと思われました。

(2019/07/13追記)
合格してました!(7/12 16時頃)
受験者数と合格者数は以下の通りでした。

項目 人数
総受験者数 5,143名
合格者数 3,672名
合格率 約71%(合格率高いですが、内容は難しかったです。。)

合格証は8月末までと思ったより遅い。。

試験勉強考察

今回の経験から今後、受験する方へ少しでも参考になればと思います。

試験内容は概ね以下の割合の印象でした。
① 問題集, Study AI(6割)
② 深層学習(2割)
③ 法律・時事(2割)

① 問題集, Study AI

以下を9割正解できる状態で挑めたため、
大きな割合で得点及び時間稼ぎできたと思います。
・徹底攻略 ディープラーニングG検定 ジェネラリスト問題集
・Study-AI
全く同じ問題が多々でることがありましたが、
虫食い箇所が違う箇所もあったため、問題文全て理解するようにしたほうが良いです。

人物の答えは覚えずに、エクセル等カンイングペーパー用意だけでよいです。(4問ぐらい?)
また、計算問題も少なかったです。(2問ぐらい?)

私が試験中に使用した資料は以下にアップしているため、活用ください!
カンニングペーパー資料

② 深層学習

言葉から初耳のものがあったため、
理想は深層学習の青本を学習する必要があったようです。
検索である一部は回答できたと思います。

③ 法律・時事

ここが、一番の鬼門です。
2か月前の時事問題がでるぐらい、
学習範囲を抑えるのは厳しいため、
一番後回しで検索すべきと思います。
AI白書が抑えているポイントもあるようなので、
余力ある方は上記手元にあって損はないと思います。

検索の工夫

試験中は、問題文、回答内容をコピーできない制御になってます。(右クリックも使用できない)
そのため、都度入力して検索が必要なため非効率的です。
そこで、以下のChromeアドオンを追加することをお勧めします。
これにより、入力不要でコピー検索可能になり時間を稼げるようになります!
RightToCopy

総括

・学習して即答できるものを増やし、時間を稼げるようにする
・カンニングできるものは資料化し、覚えない
・法律・時事問題は稼いだ時間で検索しながら時間をかけて回答する

AIの試験範囲は広がり続けると思いますので、
迷っているのならば早いうちに受けるべきだと思いました。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
1