PHP
ドットインストール

ドットインストール PHP入門まとめ

変数:データに付けるラベル

phpにおける=の意味 右辺を左辺に代入するという意味

データ型:

文字列

論理値

数値

配列

オブジェクト

null

var_dump:これで指定したものがどの型なのか教えてくれる

定数:変更されない値につけるラベル

定数名、大文字を使う

defineを使用

var_dump(LINE);行数

var_dump(FILE);ファイル名

var_dump(DIR);ディレクトリ名

if条件分岐

echo

elseif

elseで分けれる

比較演算子


< >= <= == === != ¡==

論理演算子

and &&

or //

not !


falseになる場合

文字列;空、”0”

数値;0,0.0

論理値;false

配列;要素の数が0

switch条件分岐:いくつかの条件がある時に使える

case

echo

break

また、caseで同じ条件で2個使いたいときは、

case

caseと羅列すると良い

ループ処理について

while(条件){

}

前処理

do{

}while(条件)

後処理

for文の中身

(ループが始まる前の初期化処理,ループが終わる条件,ループの処理が終わるごとに行う条件){

break:ループを抜ける

continue:それ以降の処理行せずに次のループ処理を続ける

}

配列について

key valueを用いる

key=>valueとする

$sale=array{

"taguchi"=>200,

"yamada"=>100,

};

foreach($取り出したい中身 as $key=>$value){

echo"($key)$value";

}

foreach($color as $value);

echo"$value";

endforeach;

function sayHi(){

echo "hi!";

}

これで機能の定義完了

呼び出したい時

sayHi();

引数を定義("この中に入力");

function sayHi($name){

echo "hi!".$name;

sayHi("Tom");

sayHi("Bob");

}

return;呼び出し元に値を返す

変数は、{

}

この関数内だけで使用できる

classが持つ変数:Property

classが持つ関数:Method

classは定義しただけ

classを元に実際にデータを持たせたオブジェクトのこと:インスタンス

インスタンスを作る際には、$bob=new User("")と定義することが必要

クラスの中のProperty,methodにアクセスするためには、this->を使う

クラスの定義ー>インスタンス化

クラスの継承

class 子クラス extends User {

private:そのクラス内からのみアクセス可能

protected:そのクラス+親子クラス内からのみアクセス可能

public :どこからでもアクセス可能

static インスタンス化しなくても表示される

インスタンス化する場合、



public static $count=0;

$tom=new User("Tom");

$bob=new User("Bob");

echo User::$count; //2が表示される

クラス内からクラスを指定する場合、

self::

interface 複数実装できる 

抽象クラス 複数実装できない implements

インターフェース;このクラスでは、このメソッドを必ず実装してくださいよ、というルールを定義するための仕組み

外部ファイルを読み込む方法

require_once

session:cookieと同じようにアクセスしてきたブラウザに応じてデータを保存できる仕組み

ブラウザ側ではなく、サーバ側に保存できる仕組み



session_start();

$SESSION['username']="taguchi";

echo $
SESSION['username'];