Blockchain
NEM

NEMのアドレスがマルチシグであるかを確認するコード

使い方

python3が必要です。
引数(NEMADDRSS)に入れたアドレスのマルチシグ状況を返します。

$ python app.py NEMADDRESS
{'cosignatoriesCount': 2, 'minCosignatories': 2}

cosignatoriesCount: マルチシグの署名者の数
minCosignatories: 最低限必要な署名の数
上記例は、マルチシグ署名アドレスが2つあり、そのうち2つが署名しなければ送金できない。

コード

# app.py

import json
import requests
import random
import sys

argvs = sys.argv

# 接続するノードを選択
def apiRequest(path, param, value):
    nisList = ['78.47.162.99', '47.91.94.195', '138.201.186.71', '89.107.56.153', '47.254.134.237']
    nis = nisList[random.randrange(len(nisList))]
    r = requests.get("http://{}:7890".format(nis) + path + param + value)
    f = json.loads(r.text)
    return f

# apiでアカウントデータを取得
def getAccountData(nemAddress):
    path = "/account/get"
    result = apiRequest(path, "?address=", nemAddress)
    result = result['account']['multisigInfo']
    return result

print(getAccountData(argvs[1]))

参考

NEM NIS API Version 1.22/ Requesting the account data
取引所などのアドレスと思われるもの一覧