Help us understand the problem. What is going on with this article?

SublimeTextとGistを連携するプラグイン

More than 5 years have passed since last update.

この記事はSublimeText Advent Calendar 2014の8日目の記事です。

普段の開発では

  • iOS: Xcode/AppCode
  • Android: IntelliJ
  • それ以外: Vim

を使用しているため、SublimeTextを使用することが全くないです。

そんな私がSublimeTextを使うとしたらGist連携プラグインかなと思ったので、これを紹介します。

Gist連携プラグイン

プラグインのリポジトリはここにあります。説明もここに載っています。

インストール

インストールは楽をしたいので、パッケージコントロールからインストールします。

+Shift+pを入力してコマンドパレットを開き、installを入力後にGistと打ってそれをインストールしてください。

https://github.com/condemil/Gist#package-control

設定

Gistプラグインを使用するための設定をします。

プラグインを使用するにはGitHubのApplicationトークンが必要なため、そのトークンをAPI経由で取得します。

まず、ターミナルを開き

curl -v -u USERNAME -X POST https://api.github.com/authorizations --data "{\"scopes\":[\"gist\"], \"note\": \"SublimeText 2/3 Gist plugin\"}"

を叩きます。(USERNAMEはあなたのGitHubのユーザー名を指定してください)

https://github.com/condemil/Gist#api

GitHubのパスワードを対話式に聞かれるので、パスワードを送信するとJSONが返却され、tokenという名前をキーとして、その値にトークンが入っています。

次に、Preferences -> Package Settings -> Gist -> Settings -Userを開き、先ほどのトークンを設定します。

{
    "token": "HERE IS YOUR APPLICATION TOKEN."
}

他にもオプションを設定できますが、これだけで動きます。

https://github.com/condemil/Gist#options

使い方

+Shift+pを入力してコマンドパレットを開き、Gistと打つと色々出てきます。

  • Public/Private Gistの作成 Gist: Create Public/Private Gist
  • 既存のGistを開く Gist: Open Gist
  • Gistの更新 Gist: Update File

などなど

キーバインド

プラグインの方でデフォルトにキーバインドも用意されています。

https://github.com/condemil/Gist#default-key-bindings

ちなみに

Vimにもプラグインあります。

https://github.com/mattn/gist-vim

kaneshin
I'm the CTO at Eureka. I relish building things with Go, C, PHP, Bash and so on. I have substantial experience in cloud solutions which are GCP and AWS. I also have a strong mathematics experience.
https://kaneshin.co
eure
オンラインデーティングサービス「Pairs」の運営・開発をしている企業。様々なモダンな技術を駆使してビジネスを成長させています。
https://eure.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away