Swiffy

PexJS (Swiffy難民の避難先)

More than 1 year has passed since last update.


PexJSを選ぶまでの道のり


2016年7月をもってGoogleが提供するSwiffyは終了しました。


避難先の候補


結果的に私はオープンソースのPexJSを選択しました。

理由はいろいろあるが、大きく3つ。


  • サービスの終了などに足を引っ張られたくない。


    • 今更イチから作りたくない。(5年ぐらい前ならありだったと思う。)

    • そのためオープンソースなものが良いと考えた。



  • Swiffyがかなり急な終了だったため、手っ取り早く代替ツールが欲しい。

  • お金はできれば使いたくない。


そもそもの大前提


  • Flash Lite 1.1で作られたswfがまともに動くこと。

  • パフォーマンスがある程度でること。


PexJSでなんとかなるな。という判断した基準


  • Mobageのエンジンと同等であること


    • Flash Lite 1.1をほぼサポートしている。



  • ソースは追えるボリュームであると判断できた。

特に前者が大きいです。

うちのプロジェクトではUnity + WebView内に表示する際に使ってるのでメモリやCPU周りで突然死することもあるが、普通のブラウザで使う分には大きな問題は起きないと思います。

Unity + WebViewはそもそも選択肢として考えないほうが吉。

どうしてもやる場合、iOSはWKWebViewを使うなりして、UIWebViewは使わないこと。

Androidはそもそもスペックがまばらなので、4.4より前の端末を対象外とすることからはじめましょう。

Swiffy難民の参考にあれば幸いです。