Edited at

Spigot1.13.2にMultiverse2.6.0を導入してみた


Multiverseとは

Minecraftのマルチサーバプラグインの一つで、複数のワールドを管理することができ、ワールド間の移動も可能にする。

資源用ワールドと本ワールドを分けるなどの使い方ができる。

2018年12月2日現在、Multiverseは最新バージョンである1.13.2に対応していないが、試験的に開発版のMultiverseを導入してみた。

注意

互換性のあるバージョンではないので、何が起こるか分かりません。導入する場合は必ずバックアップの上、自己責任でお願いします。


最新版のMultiverseをダウンロード

Multiverse公式サイトのDev Buildsから最新の開発版Multiverseをダウンロードする。

正式版ではなく、開発版です。"Download Latest File"からではダウンロードできません。


Modを適用

通常のプラグインと同様、ダウンロードした"multiverse-Core-x.x.x.jar"をpluginフォルダに移動し、サーバを再起動する。

サーバコンソールにて、「pl」コマンド実行後、プラグインの一覧の中に緑字で"Multiverse-Core"があればとりあえずはインストール完了です。

pluginsフォルダにMultiverse-Coreフォルダが生成され、その中に"config.yml","world.yml",scriptsフォルダがあれば問題ありません。


動作テスト

以下の環境で簡単な動作テストを行いました。

サーバ環境

項目

バージョン

サーバOS
CentOS
7.4

サーバ
Spigot
1.13.2-RO.1-SNAPSHOT


プラグイン構成

導入プラグイン
バージョン

Multiverse Portals
2.5.0

Multiverse Core
2.6.0

Per World Inventory
2.2.1


行ったコマンドは


  • mv creative (ワールドの作成)

  • mv list (接続できるワールドの表示)

  • mv tp (ワールド間の移動)

  • mv delete (ワールドの削除)

  • mvpc (ゲートの作成)

  • mvpc xxx p:yyy (ゲートの接続)

  • mvpc remove (ゲートの削除)

  • その他、表示系のコマンド

です。どのコマンドも設計通りの動作が確認できました。

また、ワールド間移動ゲートを作成するMultiverse Portals、インベントリを管理するPer World Inventoryプラグインについても基本的な動作の確認はできました。

多少バグはあるかもしれませんが、とりあえずエラーが表示されたり、プラグインが動作しないなどの現象は起きませんでした。


参考リンク

Multiverse → https://dev.bukkit.org/projects/multiverse-core

Multiverse Portals → https://dev.bukkit.org/projects/multiverse-portals

Per World Inventory → https://www.spigotmc.org/resources/per-world-inventory.4482/

Bukkit Spigot Japan Wiki → https://wiki.craftportal.jp/view/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3%E8%A7%A3%E8%AA%AC:Multiverse-Core

Minecraft Japan Wiki → https://www26.atwiki.jp/minecraft/pages/1432.html