C#
RaspberryPi
HelloWorld
Windows10IoTCore
VisualStudio2015

Windows10 IoT CoreとRaspberry Pi 2の概要とセットアップ

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

前回はQiitaとはてなブログの相互運用の試用で、C++でHello Worldのプログラムを書いてみました。今回は、タイトルに上げたWindows 10 IoT CoreとRaspberry Pi 2の概要を説明しつつ、セットアップまでを行いたいと思います。

なお、はじめに伝えておきますが長文失礼です。本当は画面上にHello Worldまで表示させたかったんですけど、セットアップまでで長文になってしまったので分けました。

また、同様の内容をすでにプログラミング生放送勉強会 第35回@株式会社DMM.comラボ(恵比寿)で登壇し発表をしています。その時のスライドは下記URLです。

Windows 10 IoT Core上でのRaspberry pi 2 開発について


Raspberry Piとは

ARMを搭載したシングルボードコンピュータです。


特徴

格安 本体と必要なものをそろえても1万円以下で済みます。

軽量 軽く手のひらに載るサイズです。

Raspberry Piはイギリスのラズベリーパイ財団によって教育向けコンピュータとして開発され、累計500万台(2015年2月18日時点)を売り上げています。


対応OS

Linuxと今回取り上げるWindows 10 IoT Core(Raspberry Pi 2のみ)です。

なお、Raspberry Pi対応Linuxのディストリビューションは、主に下記があります。

Raspbian DebianをRaspberry Pi向けにカスタマイズ

Pidora Fedoraを同じくカスタマイズ


Linuxを使ってできること


デスクトップパソコンとして利用

Linuxのディストリビューションをインストールすることができるため、そのデスクトップ環境を利用することができます。


サーバーとして利用

上記と同じく、サーバーアプリケーションを実行してWebサーバーなどのサービスを提供することができます。


電子工作に利用

プログラムを開発し、Raspberry Pi本体の接点からGPIO(汎用入出力)やI²Cデバイスを使用することができるため電子回路を作り、例えばロボットを制御することもできます。


Windows10 IoT Coreとは

IoTデバイスで動作する無料のWindowsです。


Windows10 IoT Editionsの一部

従来の組み込み向けWindowsであるWindows Embeddedがリニューアルし、Windows 10 IoT Coreのほかに下記のエディションがあります。

for industry devices POSやATMなどを想定

for mobile devices 業務用ハンディーターミナルなどを想定


対応デバイス


  • Raspberry Pi2

  • MinnowBoard Max

  • Arduino


Windows10 IoT Coreでできること


Universal Windows Platform(UWP)アプリの実行

これは、この後記載のHello World画面表示で説明します。


サーバーアプリケーションの実行

IISは今のところ提供されていませんが、UWPアプリでサーバーを開発することができ、ブラウザ上からGPIOを制御することもできます。


Windows10 IoT Coreではできないこと


デスクトップパソコンとしての利用

シェル(GUI)やブラウザなどのアプリケーションが提供されていないため、デスクトップパソコンとして利用することは難しいです。この理由は、デスクトップアプリケーションをUWPで作ってしまえば可能ですが、難しいですよね。


直接のデバイス設定

キーボードとマウスは利用できますが、シェルが提供されていないため直接設定することができず、リモート接続したPower ShellかSSHかブラウザ画面から設定することになります。


無線LAN接続(2015年8月23日現在)

IoT Coreが提供している無線LANドライバがOfficel Raspberry Pi WiFi dongleのみでこれが国内販売されていないため、有線LAN接続が必要になります。多分ですが、技適通っていないっぽいです。


セットアップ


必要なもの


Raspberry Pi 2本体のほか


  • USB電源(2A出力)

  • microSDカード(8GB以上 Class10以上のもの)

  • ケース

  • モニターとHDMIケーブル

  • LANケーブル


Windows10 IoT Core


  • Windows10 パソコン

  • MicroSDカードリーダー

  • Windows10 IoT Core for Raspberry Pi 2

  • Visual Studio 2015(Community Edition以上)


PCのセットアップ


Windows10(Version 10.0.10240以上)をインストールする

Windows7以上からのアップデートは今のところ無料ですし、アップデートしちゃいましょう。


Visual Studio 2015(Community Edition以上)をインストールする

ProfessionalやEnterpriseでも使用できるみたいです。その他、インストール時にカスタムインストールでTools and Windows SDKを有効にする必要があるそうです。


Windows IoT Core Project Templatesをインストールする

Visual Studioのプロジェクトの新規作成にIoT Core開発のテンプレートを追加します。


Windows10の開発者モード設定を有効にする

設定 ⇒ 更新とセキュリティ ⇒ 開発者向け

更新とセキュリティ.png


Raspberry Piのセットアップ


Windows10 IoT Core toolsをパソコンにインストールする

インストールするとプログラムフォルダにイメージファイルがインストールされているはずです。(C:\Program Files (x86)\Microsoft IoT\FFU\RaspberryPi2)


SDカードにイメージを書き込む

スタートメニューにWindowsIoTImageHelperと入力し、Windows IoT Core Image Helperを起動し、上記のイメージを指定して、[Flash]ボタンをクリックします。

setup.png


Raspberry Pi 2を起動します

以下の手順で起動します

1. SDカード挿入

2. LANケーブル

3. HDMLケーブル

4. USB電源

しばらくすると下記画面が表示されると思います。

iort.png


参考文献

Raspberry Pi - Wikipedia

Windows IoT - Setup your PC for Raspberry Pi 2

Windows IoT - Setup your Raspberry Pi 2

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:「Windows 10 IoT」とはどのようなOSなのか? (1/3) - ITmedia PC USER