search
LoginSignup
1

More than 1 year has passed since last update.

Organization

MacでCronを動かす

はじめに

定期的にスクレピングしたいものがあったので、定期実行しようと思ってcronを使用しました。

cronを動かす

terminal
# 何も設定していない人は何も記述されていない状態からスタートします
$ crontab -e
~                                                                                                                                                          
~                                                                                                                                                          
~                                                                                                                                                          
~                                                                                                                                                          
~                                                                                                                                                          
~                                                                                                                                                          
~                                                                                                                                                          
~                                                                                                                                                          
~  

cronの記述方法

crontabコマンド入力後の画面
# (分)(時)(日)(月)(曜) (実行したいコマンド)
# 例) 毎日午前8時にPuppeteerのスクレピングファイルを実行したい
0 8 * * * /usr/local/bin/node [実行したいファイルの絶対パス]
  • * : 全ての値(トランプでいうジョーカ的役割)

注意点

▶︎ /bin/sh: ~~: command not foundエラー

whichでコマンドの絶対パスを確認して、絶対パスで記述する必要がある

terminal
# NG
# crontab設定
0 8 * * * node [実行したいファイルの絶対パス]

# OK
$ which node
/usr/local/bin/node

# crontab設定
0 8 * * * /usr/local/bin/node [実行したいファイルの絶対パス]

番外編

ログを出力してあげる

terminal
$ crontab -e

0 8 * * * /usr/local/bin/node 
[実行したいファイルの絶対パス] >> [出力したいログファイルの絶対パス] 2>&1

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
1