Phtyon,3.0,入門

Python入門①(はじめの一歩)

HelloWorld

PythonでHelloWorld

PythonのHelloWorldは、以下の通り。

HelloWorld.py
# HelloWorld
print("Hello World.")

これで、以下のように表示されます。
実行結果
Hello World.

#は、コメントを表します。

print()で、()内の内容を表示します。""および''で文字列を表します。

演算と変数

算術演算

pythonの基本的な算術演算は以下の通り

calc.py
# pythonの算術演算
print(15 + 4)  # 足し算
print(15 - 4)  # 引き算
print(15 * 4)  # 乗算
print(15 / 4)  # 除算
print(15 // 4) # 切り捨て除算
print(15 % 4)  # 剰余
print(15 ** 4) # 15の4乗

実行結果は、以下の通りになります。
実行結果
19
11
60
3.75
3
3
50625

Python言語は、原則的に他の言語と違い、型指定が無いため、除算の結果は、割り切れなければ小数点以下の数値が表示されます。

小数点以下を省略したい場合には、切り捨て除算(//)が必要です。

計算の制限

Pythonで扱える数値は、整数浮動小数点

整数で扱える範囲には上限がありません

calc2.py
10 ** 100

実行結果は以下のようになります。
実行結果
10000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

このような大きな数値は他の言語では扱えませんが、Pythonでは可能です。

変数の利用

変数は、以下の通り。

演算子     意味 使用例 結果
+ 加算 1 + 4 5
- 減算 13 - 14 -1
* 乗算 6 * 5 30
/ 除算 7 / 8 0.875
% 剰余 11 % 3 2
// 切り捨て除算 9 // 2 4
** 指数 11 ** 2 121
divmod 商と余り divmod(10,7) (1,3)

変数

簡単な変数

以下のように変数を扱うことが出来ます。型指定はありません。

variable1.py
a = 2
b = 3
c = a - b
print(a + b)
print(c)

実行結果は以下のようになります。
実行結果
5
-1

文字列の扱い

Pythonの文字列はすべてUnicodeで扱われます。文字列も変数で扱うことが出来ます。

variable2.py
text="I love programming in Python."
print(text)
I love programming in Python.

キーボードからの文字列の入力

キーボードから文字列を入力して変数に入れる処理を簡単に実現できます。

input1.py
str = input("文字列を入力してください:")
print(str)

実行結果は以下のようになります。
実行結果
文字列を入力してください:aaa 
aaa

キーボードから入力した数値は、文字列扱いになります。整数などに変更するには、以下のような処理が必要です。

input2.py
# 文字列として、整数x,yを入力
x = input("x=")
y = input("y=")
# x,yを整数にして計算
sum = int(x) + int(y)
# 計算結果の出力
print(x + "+" + y + "=" + str(sum)) 

実行結果は次の通りです。
実行結果
x=3
y=2
3+2=5

文字列の結合は、で行います。
文字列の結合
'ABC'+'DEF'
'ABCDEF'

また、文字列を数値にするのはint()、逆に数値を文字列にするにはstr()を用います。

これで、基本的なpythonの書式の説明を終わります。

次は条件分岐について説明します。

→ Python入門②(条件分岐編)