Safari
ITP
MicroAdDay 15

ITPのBANを早速試しました

この記事は MicroAd Advent Calendar 2017 の15日目の記事です。
2017/12/15 といえば、スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ の公開日です。ファンの皆さん、お楽しみですね。

はじめに

Safari11 がリリースしてから3ヶ月立てました、ネット広告業界が大騒いだ ITP 機能はご存知ですよね。
本記事はITP機能に 3rd-party cookie が BAN される方法を紹介します。

テスト環境

  • OS: macOS High Sierra
  • Browser: Safari 11 ITP有効 (環境設定 -> プライバシー -> サイト越えトラッキングを防ぐ -> 有効)
  • BANドメイン対象: ad.com

下準備

1. 仮想ドメイン登録

$ sudo vi /etc/hosts

下記仮想ドメインを追記します。

hosts
...

127.0.0.1 www.ad.com
127.0.0.1 www.test1.com
127.0.0.1 www.test2.com
127.0.0.1 www.test3.com
127.0.0.1 www.test4.com
127.0.0.1 www.test5.com

2. Apache 起動

最近のMacは最初からApacheが入っているので便利です。

# 起動
sudo apachectl start
# 停止
sudo apachectl stop
# 再起動
sudo apachectl restart

とりあえず、Apacheを起動した状態にしときます。

3. テスト用 HTMLファイル作成

# Apache documentの配下に入る
$ cd /Library/WebServer/Documents/

# テスト用 HTMLファイル3つを作成
$ sudo vi media.html
$ sudo vi redirect.html
$ sudo vi cookie.html
media.html
<html>
  <body>
    <a href='http://www.ad.com/redirect.html' target='_self'>
      <img src='https://lumiere-a.akamaihd.net/v1/images/the-last-jedi-theatrical-poster-tall-a_6a776211.jpeg?region=0%2C0%2C1536%2C864&width=768'>
    </a>
    <iframe src='http://www.ad.com/cookie.html' />
</body>
</html>
redirect.html
<html>
  <head>
    <script>
      var id = "BB-8";
      var expire = new Date((new Date()).getTime() + (3600 * 24 * 1000)); // after 1 day
      document.cookie = 'ID=' + id + '; path=/; domain=.ad.com; expires=' + expire.toUTCString() + ";";
      location.href = "http://www.starwars.com";
    </script>
  </head>
</html>
cookie.html
<html>
  <body>
    <h2>Cookie of ad.com domain</h2>
    <p id="id"></p>
    <script>
      if (document.cookie) {
        document.getElementById('id').innerHTML = document.cookie;
      }
    </script>
  </body>
</html>

BAN 実験

Safari 11で http://www.test1.com/media.html を開く。
ad.com という 3rd-party のクッキーはまだないので、下の「Cookie of ad.com domain」欄に何も表示されません。

画像をクリックしたら、ad.comのページを経由して広告ページ( http://www.starwars.com ) にリダイレクトします。
途中 ad.comドメインのIDクッキーが作られます。

もう一度、http://www.test1.com/media.html にアクセスしたら、下の「Cookie of ad.com domain」欄にID=BB-8 が表示されますね。
※ それは、3rd-party cookie として、ad.comドメインのIDクッキーがまだ読める証拠です。

繰り返し、下記3つドメインの media.htmlページを開いて、画像をクリックして広告ページに飛ばせます。
http://www.test2.com/media.html
http://www.test3.com/media.html
http://www.test4.com/media.html
それぞれ、media.html ページの下の「Cookie of ad.com domain」欄にID=BB-8 が表示されましたね。

最後に、五つ目ドメインのmedia.htmlページを開く。
http://www.test5.com/media.html
ページの下の「Cookie of ad.com domain」欄にID=BB-8 が消えました!
そして、他のページに入っても 3rd-partyとしてad.comのcookieが読めなくなりました!

ということは、ITP機能発動!
ad.comドメインは見事にトラッカーと認定され、BANされました!!

リソースのドメイン数が4に達した時点で、トラッカー判定されることを確認しました。

こちらの記事 に書いたこと、再現しましたね。

終わりに

ITP 機能に関してまだいくつ特性がありますが、機会があれば続々紹介したいと思います。