Help us understand the problem. What is going on with this article?

EFSをVPC PeeringしたLightsailのCentOSにマウントさせる

LightsailのVPC ピアリング接続って・・・

Amazon Lightsail では、Amazon RDS データベースや Amazon Aurora など、他の AWS リソースを表示して接続できます。
Lightsail Virtual Private Cloud (VPC) を同じリージョンの AWS VPC とピア接続できます。
たとえば、アプリからデータ層を分離することができます。

ドキュメント

  • 関連するドキュメントはこちらです。

手順(ごめんなさい、最低限の設定のみです。アクセス管理などは省略してます。)

Lightsail側でVPC Peeringを有効化する

  1. Lightsailのマネジメントコンソールからアカウントをクリックして設定画面を開く
    スクリーンショット 2019-10-17 15.55.46.png

  2. 「アドバンスト」の下の方に「VPC Peering」の設定項目があるのでクリックして有効化する
    スクリーンショット 2019-10-17 15.57.05.png

  3. VPCのピアリング接続を確認すると、LightsailとデフォルトVPCでVPC Peeringが有効になっている

スクリーンショット 2019-10-17 16.00.21.png

4.EFSファイルシステムの作成

  • ステップ 1: ネットワークアクセスを設定する

    • VPC:デフォルトのVPCを指定しました(Lightsailとだとデフォルトでしかダメ)
    • マウントターゲットの作成:アベイラビリティーゾーンとサブネット(デフォルト)、IPアドレス(自動)、セキュリティグループを選択

EFSのセキュリティグループは、事前に作成しておきます。

スクリーンショット 2020-01-20 14.53.43.png

スクリーンショット 2020-01-20 14.54.38.png

  • ステップ 2: ファイルシステムの設定を行う

    • 特に何も変更せずデフォルトで設定しました。
  • ステップ 3: クライアントアクセスを設定

    • 特に何も変更せずデフォルトで設定しました。
  • ステップ 4: 確認と作成

    • ファイルシステムの作成ボタンをポチッとな

5.マウント

ansibleでやりたかったので、ansible-galaxyに、初めて公開してみました。

ansible-role-efs-lightsail

内部のIPアドレスで指定する方法を採用します。

main.yml
- hosts: servers
  roles:
  - {
      role: kaihei777.ansible_role_efs_lightsail,
      mount_type: "vpc-peering",
      aws_efs_paths:
        [
          {
            path: "/mnt/efs", ← マウントしたい場所
            owner: "root",
            group: "root",
            mode: "0644",
            region: "ap-northeast-1", ← リージョン
            filesystem_id: "fs-xxxxx", ← 作成すると割当られるファイルシステムID
            mount_target_ip: "172.31.xx.xx", ← 作成すると割当られるマウントターゲットのIPアドレス
            state: "mounted",
            opts: "nfsvers=4.1,rsize=1048576,wsize=1048576,hard,timeo=600,retrans=2",
          },
        ],
    }

このroleを実行すると・・・おー! すごい使用可能の領域w
fstabにも追加されてる!

[centos@hogehoge ~]$ ls -la /mnt/
合計 12
drwxr-xr-x.  5 root root   59  1月 21 11:14 .
dr-xr-xr-x. 17 root root  240  9月 12 18:06 ..
drwxrwxrwx   2 root root 4096  1月 17 19:14 efs

[centos@hogehoge ~]$ df
ファイルシス                               1K-ブロック    使用           使用可 使用% マウント位置
/dev/xvda1                                    20960236 4903012         16057224   24% /
devtmpfs                                        225700       0           225700    0% /dev
tmpfs                                           248556       0           248556    0% /dev/shm
tmpfs                                           248556   33304           215252   14% /run
tmpfs                                           248556       0           248556    0% /sys/fs/cgroup
172.31.xx.xx:/                        9007199254739968       0 9007199254739968    0% /mnt/efs

[centos@hogehoge ~]$ cat /etc/fstab 

#
# /etc/fstab
# Created by anaconda on Mon Jan 28 20:51:49 2019
#
# Accessible filesystems, by reference, are maintained under '/dev/disk'
# See man pages fstab(5), findfs(8), mount(8) and/or blkid(8) for more info
#
UUID=f41e390f-835b-4223-a9bb-9b45984ddf8d /                       xfs     defaults        0 0
/swapfile none swap sw 0 0
172.31.xx.xx:/ /mnt/efs nfs4 nfsvers=4.1,rsize=1048576,wsize=1048576,hard,timeo=600,retrans=2 0 0

書き込んでみる

[centos@hogehoge ~]$ sudo vi /mnt/jad_disk_efs/test.txt

スクリーンショット 2020-01-21 11.54.08.png

[centos@hogehoge ~]$ sudo cat /mnt/jad_disk_efs/test.txt
やったよー!

最後に

もちろん、他のサーバーでマウントすれば、共有領域として使うことができます。

goofysでS3をマウントすることも可能ではありますが、そもそも用途が違うこともあり
頻繁に、I/Oを行う様なことをすると、goofys君メモリリークして、パンクします。
(プロセス落として、マウントし直すとかすると解放される・・・)

無難に、EFSを使って、バックアップやアーカイブの保存先としてS3を使うのが良いかと

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした