kintone
wechat
MicrosoftFlow
kintoneDay 18

kintoneの通知をFlowを使って微信(Wechat)に飛ばす

この記事は kintone Advent Calendar 2017 の 18日目の記事です。

作るもの

1.kintoneレコード追加のWebhookをMicrosoft Flowで受ける。
2.Microsoft Flowから微信(Wechat)にメッセージを送る。

微信(Wechat)とは

中国のLINEです。中国ではとってもたくさんの人たちが使っています。
今回使うのは、企業が使うための微信である、企業微信です。

企業微信の開設はこちらから

kintone側にアプリを作成します。

項目は一つでよいです。フィールドコードは変更しなくてもOK。
image.png

レコードタイトルに画面上の項目を設定

image.png

企業微信側の設定をします。

image.png にある、CorpIDという項目を控えておきます。

企業微信でアプリを作成すると、画面上に AgentIid と Secret が表示されますので、それも控えておきます。
image.png

微信側のアプリ作成が成功すると、微信の画面に作成されたアプリが出てきます。

image.png

Microsoft FLow側で新しいフローを作成します

まずはWebhookの受け口を作ります。

使うコネクタは、要求。
image.png

要求本文のJSONスキーマにはおまじないJSONスキーマを挿入

{
    "$schema": "http://json-schema.org/draft-04/schema#",
    "type": "object",
    "properties": {
        "app": {
            "type": "object",
            "properties": {
                "name": {
                    "type": "string"
                }
            }
        },
        "recordTitle": {
            "type": "string"
        },
        "url": {
            "type": "string"
        }
    }
}

微信のAccessTokenを取得

使用するコネクタは HTTP
image.png

下記リファレンスにあわせて、リクエストを投げます。

企業微信のAccessTokenを取得する方法 

image.png

微信にメッセージを送信

使用するコネクタは HTTP
image.png

下記リファレンスにあわせて、リクエストを投げます。
发送接口说明
消息类型及数据格式

kintoneからのWebhookに含まれる情報と、先ほど取得したAccess Tokenをここで使います。

image.png

フロー全体のイメージはこんな感じ

image.png

フローを保存して、生成されるURLをkintone側のWebhook先に設定します。

Flow側のこのURLを
image.png

kintoneのWebhookに設定

image.png

動作確認

kintoneでレコード追加
image.png

微信にメッセージが届きました!
対象アプリ、レコードタイトル、対象レコードのURLがちゃんと出ていますね。

image.png

中国以外では需要のない記事かもしれませんが、微信の活用範囲は割と広いので、今回記事にしてみました。

やったね!