WordPress
AWS
cloud9
ubuntu16.04

AWS Cloud9をLightsail(AWS)にインストールする方法

AWS Cloud9 IDEとはAmazon Lightsailという設定済みのインスタンスの上でWordPress, LAMP (Linux, Apache, MySQL, PHP), Node.js, Nginx, Drupal,そしてJoomlaといった人気のアプリやフレームワークをブラウザで複数ユーザで同時にコーディングできるIDEです。Amazon Linux, Ubuntu, Debian, FreeBSD, openSUSEといったLinuxのディストリビューションも扱えます。

LightsailとはAWSで始められる最も簡単な開発者、小規模ビジネス、学生のための、シンプルな仮想プライベートサーバ(VPS)です。Lightsailは開発者に開発環境、ストレージ、ネットワーキング、デプロイ、ウェブサイトの管理、クラウド上のウェブアプリを提供します。

Lightsailは必要とされる、迅速にプロジェクトを進められる、仮想マシン、SSDストレージ、データ転送、DNSマネージメント、静的IPなどをリーズナブルな価格で提供できます。

Step 1:LinuxベースのLightsailインスタンスの作成

Lightsailコンソールではインスタンスをいつでもバックアップ、再起動、停止、削除できます。

1.Lightsailコンソールを開きログインする。https://lightsail.aws.amazon.com

2.言語の選択を尋ねられたら、日本語(Japanese)を選択。

3.「始める(Let's start)」をクリック。

4.ホームページでは、すでにインスタンスタブが選択されていますので、インスタンスの作成をクリックする。

Imgur

5.Lightsailのインスタンスロケーションは、Cloud9の利用できるリージョンにしてください。

  • 米国東部 (オハイオ)
  • 米国東部 (バージニア北部)
  • 米国西部 (オレゴン)
  • アジアパシフィック (シンガポール)
  • 欧州 (アイルランド)

上記のいずれかを選択してください。

Imgur

6.プラットフォームはLinux/Unix、設計図はお好みの物を選択してください。WordPressの他、LAMP Stack, Node.js, Joomla, Magento, MEAN, Drupal, GitLab CE, RedMine, Nginx, Plesk Hosting Stack on Ubuntuにも対応しています。

7.キーペアマネージャから、.pemをダウンロードしてください。SSHで接続するときに必要になります。
Imgur

8.インスタンスプランの選択は必要な物を選択してください。私は一番安い$5 USDのプランにしました。

9.インスタンスネームはお好みで。

10.インスタンスの数もお好みで。デフォルトは1になっています。

11.作成をクリック。

macOSのターミナルからインスタンスに接続する方法

ダウンロードした.pemファイルのパーミッションをターミナルから変更します。

$ chmod 600 ダウンロードしてきた.pem

それからSSH接続を試みます。

$ssh -i ./ダウンロードしてきた.pem ubuntu@インスタンスのIPアドレス

Step 2:インスタンスを設定してCloud9で使う

1.インスタンスの名前をクリックしてください。
Imgur

2.接続タブのパブリック IPユーザ名を控えておいてください。
Imgur

3.SSHを使用して接続をクリック。

4.ターミナルが開くのでsudo apt-get updateを実行してださい。

5.Python2.7が必要なのでpython --versionでpython2.7がインストールされているか確認してください。もしインストールされていなかったらsudo apt-get install pythonを実行してください。Version2.7がインストールされます。

6.Node.jsが必要なのでnode --versionで確認してください。もしインストールされていない場合、以下を実行してください。

sudo apt-get update

curl -o- https://raw.githubusercontent.com/creationix/nvm/v0.33.0/install.sh | bash

. ~/.bashrc

nvm install node

7.which nodeを実行して、格納場所を控えておいてください

nodeが/usr/sbin/nodeのような場所にインストールされた場合、
Cloud9がNode.jsを見つけられないので、上記コマンドでインストールしてください。

Step 3:AWS Cloud9 SSH開発環境を作成し接続する

1.https://console.aws.amazon.com/cloud9/にログインする

2.AWS Cloud9コンソールで先ほど作成したAWS LightsailインスタンスのAWSリージョンと同じリージョンを選択。

3.Create Environmentをクリック。
Imgur

もしくは
Imgur

4.Name environmentページではNameで環境にお好みの名前を付けてください。

5.Descriptionに説明文を記録することが出来ます。

6.Next stepをクリックしてください。

7.Configure settingページではEnvironment typeConnect and run in remote server (SSH)を選択してください。

8.Userにはbitnamiと入力してください。

9.HostにはパブリックIPを入力してください。

10.デフォルトの22に設定してください。

11.Advanced settingsを展開してください。

12.Environment pathは「~/」(ユーザのホームディレクトリ)

13.Node.js binary pathにNode.jsのインストール先を入力してください。ターミナルで「which node」と入力すれば出力されます。

14.SSH jump hostは空のままにしてください。
Imgur

15.Copy key to clipboardをクリックしてパブリックSSHキーをコピーしてください。

16.LightsailインスタンスにSSHでアクセスして、vi ~/.ssh/authorized_keysを開き、public SSH keyをペーストして保存してください。

17.あとはひたすらNext stepCreate environmentNextをひたすらクリックすればCloud9のインストールが始まります。

18.https://us-east-2.console.aws.amazon.com/cloud9/home#Open IDEをクリックすれば、Cloud9が立ち上がります。