Help us understand the problem. What is going on with this article?

1.1 Python入門

1-1 Python入門

 Pythonのいいところの1つは、対話型インタプリタに直接入力できることです。

対話型インタプリタとは、一つ質問したら一つ回答が返ってくるように、プログラミング言語で書かれたコードを、一行読んでは機械語に翻訳し実行、また一行読んでは翻訳し実行という逐次翻訳の手法のことである。

Interactive DeveLopment Environment(IDLE)と呼ばれるシンプルなグラフィカルインターフェイスを使用して、Pythonインタプリタにアクセスできます。 Macでは[アプリケーション]→[MacPython]で、Windowsでは[すべてのプログラム]→[Python]で見つけることができます。
Pythonインタープリターを実行できない場合は、おそらくPythonが正しくインストールされていない可能性があります。詳細な手順については、こちらをご覧ください。

Pythonで演算

インタプリタが回答の計算と表示を完了すると、プロンプトが再び表示されます。これは、Pythonインタプリタが別の命令を待っていることを意味します。(プロンプトとは、">"のこと)

>>>1 + 5 * 2 - 3
8
>>>

乗算にはアスタリスク(*)、除算にはスラッシュ(/)を使用し、式を括弧で囲むには( )を使用dできます。
上記の例は、Pythonインタプリタを使用して対話的に作業し、言語のさまざまな式を試して、その機能を確認する方法を示しています。

エラー文の例

>>> 1 +
  File "<stdin>", line 1
    1 +
      ^
SyntaxError: invalid syntax
>>>

これにより、構文エラーが発生しました。 Pythonでは、命令をプラス記号で終了することは意味がありません。 Pythonインタプリタは、エラーが発生した行を line 1と示し、1行目にエラーが出ましたよ。と教えてくれます。

Pythonインタプリタを使用できるようになったので、言語データの操作を開始する準備ができました。

1-2 NLTK入門

NLTKインストール方法

さらに先に進む前に、こちらから無料でダウンロード可能なNLTK 3.0をインストールする必要があります。そこにある指示に従って、プラットフォームに必要なバージョンをダウンロードします。

NLTKとは、Natural Language Tool Kit の略であり、自然言語処理のための Python で実装されたライブラリである。デフォルトで英語をいじれるのが特徴。

NLTKをインストールしたら、Pythonインタプリタを起動し、Pythonプロンプトで次の2つのコマンドを入力して本に必要なデータをインストールし、図1.1に示すように本のコレクションを選択します。
nltk-downloader.png

図1.1:NLTKブックコレクションのダウンロード:nltk.download()を使用して利用可能なパッケージを参照します。ダウンローダーの[コレクション]タブには、パッケージがセットにグループ化される方法が表示されます。本というラベルの行を選択して、この本の例と演習に必要なすべてのデータを取得する必要があります。

NLTKの使い方

データがPCにダウンロードされると、Pythonインタプリタを使用してその一部をロードできます。最初のステップは、Pythonプロンプトで特別なコマンドを入力することです。

:from nltk.book import *。

これは、インタプリタに、探索するためのテキストを読み込むように指示していて、「NLTKのブックモジュールから、すべてのアイテムをロードする」と言います。本モジュールには、この章を読むときに必要なすべてのデータが含まれています。ここに表示される出力とともに、コマンドを再度示します。スペルと句読点を正しく取得するように注意してください。

>>> from nltk.book import *
*** Introductory Examples for the NLTK Book ***
Loading text1, ..., text9 and sent1, ..., sent9
Type the name of the text or sentence to view it.
Type: 'texts()' or 'sents()' to list the materials.
text1: Moby Dick by Herman Melville 1851
text2: Sense and Sensibility by Jane Austen 1811
text3: The Book of Genesis
text4: Inaugural Address Corpus
text5: Chat Corpus
text6: Monty Python and the Holy Grail
text7: Wall Street Journal
text8: Personals Corpus
text9: The Man Who Was Thursday by G . K . Chesterton 1908
>>>

text1: ハーマン・メルヴィル1851年作「モビー・ディック」
text2: ジェーン・オースティン1811による感覚と感性
text3: 創世記
text4: 就任住所コーパス
text5: チャットコーパス
text6: モンティ・パイソンと聖杯
text7: ウォールストリートジャーナル
text8: パーソナルコーパス
text9: Gによる木曜日の男。 K。チェスタトン1908

これらのテキストについて知りたいときはいつでも、Pythonプロンプトで名前を入力するだけで調べることができます。

>>> text1
<Text: Moby Dick by Herman Melville 1851>
>>> text2
<Text: Sense and Sensibility by Jane Austen 1811>
>>>

Pythonインタープリターを使用して、いくつかのデータを処理できるようになりました。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした