Help us understand the problem. What is going on with this article?

OpenGraphでURLをリッチに表示する

More than 3 years have passed since last update.

OpenGraphでURLをリッチに表示する

by kaelaela
1 / 13

kaelaela(Yuichi Maekawa)

Qiitaのプロフィール参照

@kaelaela
Cyberagent

LTなので簡潔に


Open Graphとは

  • The Open Graph protocol
  • HTMLに決まったフォーマットでmetaタグを追加する
  • FacebookとかGoogle+とかでURLを貼るとリッチに表示される
  • 基本はog:title|iamge|type|urlの四つ スクリーンショット 2016-07-21 19.46.15.png

OpenGraphに対応しているwebは多くない

  • タグがないときもある(古いwebは大抵ない)
  • あっても不完全
  • urlタグはほぼ入っていない&表示しているページのものでないことがほとんどなので危険
  • Twitterは独自だがほぼ同じ

Custom Viewで作ってみた

Custom viewの作り方は公式


Androiderは依存関係にシビア

  • method数65k上限の闇(黒魔法: multidex)
  • わかるけど車輪の再発明はとにかく面倒
  • ライブラリに依存しているライブラリはクソ
  • ライブラリのパーツを作るのがこれからのライブラリ作りかもしれない
  • Androiderはbuild.gradleを毎日磨いている

HTMLのパース

  • jsoupでウェイ 依存関係に入れずに自作
  • 涙ぐましい文字列処理: OGParser
  • metaタグのみなのでスピードはそんなに悪くない

通信処理

  • Retorofitでウェイ 依存関係に入れずに自作
  • 現在はAsyncTask...
  • 師(wasabeefさん)曰く、

executorでthread数も原始的に管理してほしい

御意(次回やります)


画像のCache

  • 今日実装した
  • LRUでbitmapを管理
  • RecyclerViewで実験して大丈夫そう
  • zissouha公式: Caching Bitmaps

これからのライブラリ開発

  • 小さなパーツを用意していくのがよい?
    • HTMLパーサー
    • もっと小さな通信ライブラリ
    • キャッシュ

などなど


会場の方と話したいこと

  • キャッシュならDiskかMemory?(何基準?)
  • HTMLのイケてるパース処理方法
  • リクエストのキュー管理に関する知見
  • CustomViewに関するtipsなんでも

まとめ

  • OpenGraph表示に対応したら華やぐ
  • Androidは依存関係にシビア
  • OpenGraphView使ってみてください

thx ;-)

kaelaela
Android app engineer. -> Backend engineer
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした