Help us understand the problem. What is going on with this article?

ACSを利用して「爆速」&「無料」でサーバ対応iOS・Androidアプリを作る

More than 5 years have passed since last update.

ACS(Appcelerator Cloud Services)とは

通常,TiwtterやFacebookなどのソーシャルアプリ等ネットワークを使って情報を管理するようなサービスを作る場合,サーバを建ててサーバサイドのコーディングやテストを行う必要があり,サーバ費や労力を掛けたくありません.
Appcelerator Cloud Services(ACS)は,サーバ側に必要な機能一式を提供するBackend as a Service (BaaS)サービスです.同社が提供するiOSとAndroid両対応アプリをJavaScriptで開発できるTitanium向けに提供されています.またNodeACSを使えばWebサービスとの連携も可能です.
また嬉しい事に無料枠があり,スタートアップ時にサーバを建てるより多くのメリットがあります.ただ無料枠を超えた場合は要相談のようでAWSのような料金体系が公開されていないので注意が必要です.

ACSでデモを動かすまでの流れ

ここではACSの機能を試せるデモを動かすまでの流れを説明します.

Titaniumをインストールする

はじめにappceleratorのTitanium公式ページにアクセスし,[DOWNLOAD FOR FREE]を押してユーザ登録を行い,Titanium Studioをダウンロードしてインストールしてください.

プロジェクトを作成する

インストールしたTitaniumStudio.appを起動し,新規アプリプロジェクトを作成します.

スクリーンショット 2014-09-08 16.11.27.png

その際に,デフォルトではAlloyフレームワークで作成されますが,ACSのサンプル集はAlloyを使っていないので,以下のようにClassicを指定してください.

スクリーンショット 2014-09-08 16.13.25.png

以下の画面では,任意の「Project name」と「AppId」を入力して,「Cloud Settings」の「Cloud-enable this application」にチェックを入れてください.ここにチェックを入れることでACSを利用する環境を自動的に作成してくれます.

スクリーンショット 2014-09-08 15.36.36.png

あとは[Finish]を押してプロジェクトを作成して完了です.

ACSのサンプルをプロジェクトに上書きする

次に,TitaniumSDK内にあるACSのデモソースを作成したプロジェクトに上書きします.デモソースの場所は分かりにくいですが,通常ローカルにインストールした場合は(~/Library/Application Support/Titanium/modules/commonjs/ti.cloud/[バージョン]/example)に置かれていると思います.exampleの中身を作成したプロジェクトのResourceフォルダの中に上書きします.

スクリーンショット 2014-09-08 16.19.00.png

tiapp.xmlに必要なモジュールを追加する

最後に以下の画像の左側の赤枠に囲まれている「+」ボタンを押してtiapp.xmlにfacebookモジュールとti.cloudpushモジュールを追加してください.

名称未設定.png

これで準備は完了です.あとはiOSの実機やエミュレータで実行します.

スクリーンショット 2014-09-08 15.53.07.png

無事実行されると以下のように様々なACSのデモを試すことができます.

スクリーンショット 2014-09-08 15.22.25.png

ソースコードは,([プロジェクト名]/windows)以下にあります.

ユーザ登録を試してみる

それでは実際にユーザ登録機能を使ってみましょう.ユーザ登録はでもアプリのUsers→Create Userにあります.テキストボックスに必要な情報を入力して「Create」ボタンを押すと以下の画面のように表示されれば無事ユーザ登録が行われました.

スクリーンショット 2014-09-08 15.23.19.png

実際にサーバに登録されているかどうかを確認・管理するためには https://my.appcelerator.com/apps に接続し,作成したプロジェクト名の下にある「Manage ACS」のリンクを押します.

test.png

「Manage ACS」を押すと以下のように,今回作成したプロジェクト用のACSの管理画面が表示されます.Usersの管理はリストの一番下の赤枠のところにあり,登録されているユーザ数が表示されています.今回一人のユーザを登録したので(1)と表示されています.さらにUser(1)のリンクをクリックすると詳細も表示されます.もし,(0)のままの場合は,左上の赤枠のところが「Production」になっていることがあるのでDevelopmentに切り替えて確認してみてください.

test2.png

今回紹介したユーザ登録のソースコードは,([プロジェクト名]/Resources/windows/users/create.js)に書かれています.コードを読むとサーバサイドの処理は一切書かなくてもユーザ登録が実現できていることがわかります.

今回は一般的なTitanium Studioを使って開発する方法でACSのデモを動かすまでの流れを書きました.コマンドラインの場合,tiapp.xmlにACSとFacebook記述をする必要があります.

kacho
cheekit
〜 Make Local Happiness 〜 クラウドソーシング受託を通じて地域のワクワクを増やすベンチャー
http://cheekit.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away