Edited at

Visual Studio Codeエディタの色をプロジェクトごとに違うものにする

Visual Studio Codeで複数のプロジェクトを開いている時,「どれが作業対象だっけ?」となることが多かったので,エディタの色をプロジェクトごとに違うものにしてみます.

Before:

After:


効果


  • 作業対象のプロジェクトのウインドウを簡単に発見できます.


確認環境


  • Macbook Pro late 2013

  • macOS High Sierra 10.13.6

  • Visual Studio Code 1.30.1


手順

プロジェクトルートに.vscode/ディレクトリを作成し,settings.jsonファイルに下記のように追記します(ファイルがすでに存在する場合,既存のファイルに追記してください).

{

"workbench.colorCustomizations": {
"titleBar.activeBackground": "#FFD700",
"titleBar.activeForeground": "#000000",
"activityBar.background": "#FFD700",
"activityBar.foreground": "#000000"
}
}


結果

色がつきました.

簡単に発見することができます.他のプロジェクトのエディタ色には影響しません.

プロジェクトごとにテーマカラーを決めて,チームに一体感を出すのにも使えるかもしれません.

以上です.