Help us understand the problem. What is going on with this article?

超高機能マークダウンエディタ「StackEdit」の Welcome Document を和訳してみた

More than 5 years have passed since last update.

 私は自分のブログ(WordPress)や、GitHubで管理しているアプリのREADME、はてはミーティングの議事録とか、およそドキュメント書く時にはマークダウンエディタ「StackEdit」を使っている。
 Webアプリなのでネットワークに繋がればどこでも使えるうえ、一度アクセスしておけばオフラインでも使える。さらに作った文書はGoogle Drive等に同期しておけるのでファイルはどこからでも参照できるうえ、そのまま各種ブログに公開までできてしまう優れものだ。ほとんど全ての機能が無料で使えるのも素晴らしい点の一つなのだが、私はマークダウンで作った文書をPDF化してエクスポートしたかったこともあって、このたび永久ライセンス(日本円で¥3,000というのがまた安い!)を購入しちまいました。

 結構バージョンアップも頻繁に行われていて、最新版ではついにマークダウンでUML図表まで描けるようになった。いやぁ、システム設計書までこれで書けちゃうなぁ…うれしすぎるぞ(笑)

StackEditでのUML図作成用構文の例

UML図作成用Markdown

一般的なMarkdownのコードブロックみたいに書いたものが、UML図表化していくのは見ていて感動した。これは、すごい…!


 そんな「StackEdit」信者である私なのだが、エディタ自体のUIは英語ベースで多言語対応はしていないので、機能説明書でもある「Welcome Document」を和訳してみた。
 和訳したマークダウン文書をQiitaのMarkdownフォームにコピペしてみたら、脚注やTOC、UMLとかが再現できなかったので、和訳した文書はPDF化してこちらに共有化してみた。興味のある方は見てみてください。

ka215
フリーランスのWEBデベロッパー。元々コンシューマゲーム機のチェッカーで、ゲーム好き。WEB業界はWEBデザイナーとして出発し、いまではクラウド系インフラ構築から、アプリケーション開発、サービスコンサルティング等々、およそWEB関連のよろず屋をやってます。最近のお仕事はLaravel+React、WordPress+Vue.jsのハイブリッド。Vue.jsが楽しすぎる!もうReactやりたくないw
https://ka2.org
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away