Help us understand the problem. What is going on with this article?

【UE4】ランドスケープをスタティックメッシュに変換する方法とハマったところの紹介

はじめに

ランドスケープをスタティックメッシュに変換する方法を紹介します。
これの方法を利用することで以下のことが実現できます。

  • ランドスケープで作成した地形を背景として利用できる
    • ランドスケープのをそのまま背景として利用するのはちょっと・・・という場合に便利
  • スタティックメッシュに変換したランドスケープを地形として利用する
    • 負荷等の理由で、クオリティを落としてでもランドスケープををそのまま利用したくない場合に便利

あと、これを実現するうえで私がハマったポイントがあったので、それらも絡めて紹介をしたいと思います。

動作確認環境

  • Windows
  • UE4.24.0

今回はAffordable Landscapes - Premiumというアセットを使います。
ハイクオリティな地形データがいろいろ入っているアセットです。
01.png

こんな感じです。いやぁ圧巻。
02.jpg

方法

出力したいランドスケープを選択し、出力したいLODを選択してください。
図では4を選択します。ハイクオリティ(LOD0に近い方)すぎると出力も出力した結果も重くなるので注意。
03.png

出力したいランドスケープを選択した状態で ファイル > 選択されたものをエクスポート を選択してください。
04.png

出力するファイル形式を選んで保存してください。
05.png

今回はobj形式とfbx形式で出力してみました。
06.png

出力したファイルをプロジェクトにドラッグアンドドロップでインポートするのですが・・・。
1点注意があり、obj形式だと以下の図のように分割された状態でインポートされてしまいます。
1024個のスタティックメッシュが出来上がりました・・・。
07.png

中身を見ても、何が何だかわかりません・・・。
08.png

よーく見ると、ちっちゃく地形が存在しているのがわかります。
10.png

このように、obj形式で出力してインポートすると分割された状態のスタティックメッシュが出来上がってしまいます。
一応出力されたobjファイルの中身をイイ感じに編集すればこんなことにはならないのですが、さすがに手間です。

今度はfbx形式で出力したものをインポートしてみます。
こちらは1つのスタティックメッシュとしてインポートできました。
11.png

これをレベルに配置してみます。ちゃんとした地形であることが確認できました。
ということで、ランドスケープを出力する際にはobj形式は避けたほうが良いということがわかりました。
12.png

おわりに

需要があるかはわかりませんが、ランドスケープをスタティックメッシュに変換する方法を紹介しました。
この方法ははじめに紹介した目的以外でも様々な応用ができるかもしれません。

以上、レッツエンジョイUE4!

ka-s
aktsk
株式会社アカツキは、スマートフォンゲームの企画開発を中心に事業を展開しております。創業以来全てのゲームを内製しているため、高い技術ノウハウが蓄積されています。今後は、新規事業の立ち上げも行ってまいります。
http://aktsk.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした