Git
VSCode
VisualStudioCode
WindowsSubsystemForLinux
WSL

Visual Studio Code の統合ターミナルと Git を Windows Subsystem for Linux のものに指定する


概要

Windows 10 環境において、Visual Studio Code の統合ターミナルを WSL (Windows Subsystem for Linux) の Bash を使うようにし、Git も WSL 上にインストールされた Git を使うようにするための設定方法です。


方法


手順


  1. WSL(今回は Ubuntu)をインストールします。


  2. WSLGit の releases ページから最新バージョンの wslgit.exe をダウンロードします。

  3. Visual Studio Code の設定ファイルに以下の内容を記述します(ユーザー設定・ワークスペースの設定のどちらか)。

  4. Visual Studio Code を再起動して完了です。

{

"git.path": "C:\\path\\to\\wslgit.exe",
"terminal.integrated.shell.windows": "C:\\WINDOWS\\System32\\bash.exe",
"terminal.integrated.shellArgs.windows": [
"~",
"--login"
]
}


設定項目について


git.path

wslgit.exe のパスを指定します。


terminal.integrated.shell.windows

統合ターミナルに何を使うかを指定します。

今回は WSL 上の Bash を使うために bash.exe を指定します。


terminal.integrated.shellArgs.windows

ターミナルを起動するときの引数を配列で指定します。



  • ~: ターミナル起動時にホームディレクトリを開きます。


  • --login: ターミナル起動時に~/.bash_profile~/.bashrc を読み込みます。

以上です。おつかれさまでした。