Alamofire 4系と3系でJSONデータを取得する方法

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

19日目は、スマートテック・ベンチャーズの本山(@k_moto)が担当します

今回はとても有名なAlamofireについて。

4系と3系でrequestメソッドの使い方がちょっと変わったので、

そのあたりを記載しておこうと思います。


3系と4系の比較

例)こんな感じのurlから取得する場合

https://○○/△△/?text=test&sort=asc

3系


let urlString = https://○○/△△/
let params = ["text":"test","sort":"asc"]

Alamofire.request(.GET, urlString, parameters: params )
.responseJSON{ response in
if let dict = response.result.value as? NSDictionary {
print(dict)
}
}

4系

let urlString = https://○○/△△/

let params = ["text":"test","sort":"asc"]

Alamofire.request(urlString, parameters:params)
.responseJSON{ response in
if let dict = response.result.value as? NSDictionary {
print(dict)
}
}

4系はデフォルトでGETメソッドでのリクエストになったようです。

明示的に変更する場合、method: .get のような感じで引数に追加します。

公式のREADMEには詳しく記述されています。

Migration Guideには4系になって何が変わったか比較して記述されているので、

検索して出てきた通り実装しても動かない場合は、

違うバージョンの実装方法の可能性があるので、

一度目を通してみましょう。

https://github.com/Alamofire/Alamofire


最後に

スマートテック・ベンチャーズでは、未経験だけどiOSの開発をやりたい!という人を募集しています。

Advent Calendarのスマートテック・ベンチャーズページに会社およびWantedlyのURLをのせていますので、興味のある方は是非ご覧ください。

http://qiita.com/advent-calendar/2016/stv

明日は@eKushidaさんです。

お楽しみに!