PHP
Symfony2

Windows10でSymfony2のローカル開発環境構築①

More than 1 year has passed since last update.

注意

本記事ではPHPの環境構築までです。

長くなるのでSymfony2のインストールは次回記事にて記載します。

追記

記載しました。Windows10でSymfony2のローカル開発環境構築②

以前現場で使用したPHPのフレームワーク「Symfony」

他のフレームワークと使い比べとかできてないので、

良し悪しの理解はできてないけど好みだった。

忘れないうちに勉強しなおしたいので環境構築しておく。

サーバ側は現場に出たら用意されてることが多いけど、

万が一自分でやるときのための備忘。


PHPの開発環境を整える

0から開発環境を整えることを想定して、

まずはPHPを動かす必要がある。


1. XAMPPをインストールする

おそらく一番有名であろうXAMPPで開発するのが楽だと思う。

Symfony2.8はPHP5.3.3以降が対応なので、最新版で問題ないと思われる。

Symfony2.8の理由は次回記載。


1-1. 公式サイトからインストーラーを取得

以下のサイトにアクセスし、

「Windows向け」と書いてある箇所を押下する。

XAMPP Installers and Downloads for Apache Friends

01.png


1-2. ダウンロードしたインストーラーの実行

ダウンロードしたファイルをダブルクリックで起動し、Next ボタンを押下する。

02.png


1-3. コンポーネントの選択

特にこだわりや事情がなければそのまま Nextボタンを押下する。

03.png


1-4. インストールフォルダの選択

特にこだわりや事情がなければそのまま Nextボタンを押下する。

04.png


1-5. Bitnamiについて

Bitnamiに興味がなければチェックを外して Nextボタンを押下する。

私は触れたことがないのですが、WordPress等の構築を楽にしてくれるそうな。

05.png


1-6. インストール開始

Next ボタンを押下する。

06.png


1-7. インストール完了

Finish ボタンを押下する。

チェックを入れておくとコントロールパネルが勝手に開いてくれる。

07.png


1-8. 起動して確認

確認に最低限必要な操作のみ記載。


  • Start ボタンを押下する。

    08.png


  • ブラウザで「http://localhost/dashboard/jp/」にアクセスする

    (コントロールパネルのAdminを押下してもよいが、日本語に変更するなら末尾にjpをつけること)

    ※以前使ったことがある人向け

     2015年7月くらいの更新からオレンジ色っぽい画面はなくなったそうです。

    09.png



終わりに

次の記事ではSymfony2のインストールまで記載します。