Help us understand the problem. What is going on with this article?

ソフトウェアRAID の初期設定と運用 - mdadm

More than 3 years have passed since last update.

最近利用することがなくなった ソフトウェアRAID だが 初期構築と運用方法をまとめる。(CentOS/Redhat)

初期設定

2台のHDDにパーティションテーブルを作成する。

HDD1台目 パーティションテーブルの作成 (/dev/sdb)
# fdisk /dev/sdb
 コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本パーティション (1-4)
p
パーティション番号 (1-4): 1
最初 シリンダ (1-1044, 初期値 1):1
Last シリンダ, +シリンダ数 or +size{K,M,G} (1-1044, 初期値 1044): 1044
作成したパーティションのタイプを Linux raidに設定
コマンド (m でヘルプ): t
選択した領域 1
16進数コード (L コマンドでコードリスト表示): fd
領域のシステムタイプを 1 から fd (Linux raid 自動検出) に変更しました
パーティションテーブルの保存
コマンド (m でヘルプ): w
パーティションテーブルは変更されました!
パーティションテーブルの確認
# fdisk /dev/sdb -l
デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
/dev/sdb1               1        1044     8385898+  fd  Linux raid 自動検出
HDD2台目 パーティションテーブルの作成 (/dev/sdc)
# fdisk /dev/sdc

手順はHDD1台目と同様のため省略

ソフトウェアRAID設定

2台のHDD(/dev/sdb, /dev/sdc) をソフトウェアRAIDとして /dev/md0 に割り当て

# mdadm --create /dev/md0 --level=raid1 --raid-devices=2 /dev/sdb1 /dev/sdc1
ファイルシステムの構築

作成したRAIDデバイス(/dev/md0)にファイルシステム(ext3)を構築します。

mke2fs -j /dev/md0
ファイルシステムのマウント
# mkdir /mirror
# mount /dev/md0 /mirror/
RAID 情報の保存
# mdadm --detail --scan > /etc/mdadm.conf

起動時にマウントされるように /etc/fstab へ追加

# vi /etc/fstab
/dev/md0            /mirror          ext3      defaults    0 0

初期構築は以上です。/mirror にソフトウェアRAIDがマウントされています。

運用方法

RAID状況の確認(同期やリビルド)
# cat /proc/mdstat
詳細確認
# mdadm --detail /dev/md0
1台目のハードディスク /dev/sdb に障害を発生させる
# mdadm --fail /dev/md0 /dev/sdb
障害が発生したHDD /dev/sdb を/dev/md0 から切り離す
# mdadm --remove /dev/md0 /dev/sdb
RAIDデバイスにハードディスク /dev/sdb を追加する
# mdadm --add /dev/md0 /dev/sdb
HDDの詳細
# mdadm --detail --scan 
ARRAY /dev/md0 metadata=1.2 spares=1 name=centos:0 UUID=7aef3364:f7d73931:8c05ce32:dcd9ae39
HDDを交換した場合は RAID情報を保存
# mdadm --detail --scan > /etc/mdadm.conf

その他

ブートディスクをソフトウェアRAIDにする場合

上記の例では不必要だが、MBRを書き込むディスクをRAIDとするときは、2本目のハードディスクにもMBRを書き込む必要がある。

rootとしてログインし、GRUB コマンドを実行します。

  [root@linux ~]# grub   
  grub> root (hd0,0)   
  grub> setup (hd0)
  grub> root (hd1,0)  
  grub> setup (hd1)   
  grub> quit
mdadm コマンドが利用できない場合
# yum install mdadm
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした