Help us understand the problem. What is going on with this article?

PHP基礎 Part4

概要

PHPの独学で学んだことをアウトプットしていく

前回の内容

PHP基礎 Part3

配列

変数は値を1つしか割り当てることが出来なかったが、配列の場合は複数の値を扱うことができる。
配列から値を出力する時は、配列のデータにそれぞれ割り当てられた「インデックス」を利用する
なお、インデックスは0から始まる

sample.php
<?php
  $fruits = array("りんご","みかん","ぶどう"); // 配列のデータを定義
  echo $fruits[0];                        // インデックスを指定し出力する

// 結果:りんご
?>

また、配列の値を追加したり、上書きする際は以下のようにする

sample.php
<?php
  $fruits = array("りんご","みかん","ぶどう"); // 配列のデータを定義
  $fruits[] = "いちご";                     // 「$配列名[] = 値」とすることで、配列の末尾に値を追加
  echo $fruits[3];                        // インデックスを指定し出力

  $fruits[2] = "パイナップル";               // 配列名にインデックスを指定することで、値を上書き
  echo $fruits[2];                        // インデックスを指定し出力

  // 結果:いちごパイナップル
?>

連想配列

配列と同じように複数のデータを扱う役割があるが、配列とは異なり
データの管理をキーという文字列を活用することである。

sample.php
<?php
  $customer = array(
        "name" => "紀伊田 太郎", // 「"キー名" => 値」という形を取る
        "age"  => 30,          // データとデータの間に「,」を入れる
        "address" => "東京都"
  );

  echo $customer["name"];      // 連想配列の出力は $配列名["キー"] となる

  // 結果:紀伊田 太郎
?>

また、以下のように連想配列に値を加えることも可能

sample.php
<?php
  $customer = array(
        "name" => "紀伊田 太郎", // 「"キー名" => 値」という形を取る
        "age"  => 30,          // データとデータの間に「,」を入れる
        "address" => "東京都"
  );

  $customer["job"] = "engineer";    // 連想配列の値の追加
    echo $customer["job"];          // インデックスを指定し、出力

  // 結果:engineer
?>

次回

  • for文
  • while文
  • foreach文
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away