Help us understand the problem. What is going on with this article?

GoogleマップのAPIキーをGoogle Maps Platformから取得する

目的

これまでにAPIキーを取得したことのない人が、Maps JavaScript APIを使用してウェブサイトにGoogleマップを表示するために必要なAPIキーを取得することを目的とします。

事前準備

Google Chromeを起動し、Googleアカウントにログインしておきます。

Google Chrome以外のブラウザでは手順をうまく進められない場合があります。
Google Chromeがインストールされていない場合は下記のページからインストールしてください。
https://support.google.com/chrome/answer/95346?hl=ja

Googleアカウントを持っていない方は下記のページから作成してください。
https://support.google.com/accounts/answer/27441?hl=ja

APIキー取得手順

1.スタート

Google Maps Platformを開いて、使ってみるをクリックします。
1.jpg

2.プロダクトを選択

マップにチェックを入れ、続行をクリックします。
2.jpg

3.プロジェクトを選択

プロジェクト名(サイト名など)を入力し、規約に同意するためにYesを選択して、NEXTをクリックします。
3.jpg

4.請求先アカウント作成

請求先アカウントの作成をクリックします。
4.jpg

名前を入力して続行をクリックします。
5.jpg

利用規約同意しますにチェックを入れ、続行をクリックします。
6.jpg

アカウントの種類名前と住所メインの連絡先お支払い方法を入力し、無料トライアルを開始をクリックします。
7.jpg

5.Google Maps Platform の有効化

次へをクリックします。
8.jpg

APIキーが生成されました。
アイコンをクリックしてコピーし、どこかにメモしておきます。
さらに詳細な設定を行うため、API Consoleをクリックします。
9.jpg

6.APIキーの設定

名前を適宜変更します(サイト名、ページ名など)。

次にアプリケーションの制限を設定します。
HTTPリファラー(ウェブサイト)を選択し、ウェブサイトのURLに*を付けたものを入力します(例:https://example.com/*)。

次にAPIの制限を設定します。
キーを制限を選択し、Maps JavaScript APIを選択します。

最後に保存をクリックします。
10.jpg

7.割り当て上限の設定

ダッシュボードを表示し、Maps JavaScript APIをクリックします。
11.jpg

割り当てを表示し、Map loads per dayの鉛筆アイコンをクリックします。
12.jpg

割り当て量を入力して保存をクリックします。
13.jpg

割り当て上限の決め方

まずGoogle Maps Platformの料金体系について知っておきましょう。
https://cloud.google.com/maps-platform/pricing/sheet/?hl=ja
Maps JavaScript APIを使用した地図の表示はDynamic Mapsにあたります。
月間使用量100,000回までは1,000回あたり\$7、
100,001回から500,000回までは1,000回あたり\$5.6の料金が発生しますが、
毎月\$200分(最大28,000読み込み)は無料で利用できると記載されています。

無料枠の28,000回を1日あたりに換算すると約900回となります。
ですので、Map loads per dayの上限を900に設定しておけば課金は発生しないはずです。
ただ読み込み回数が上限を超えてしまうとGoogleマップが正常に表示されなくなってしまいます。
ここはサイト訪問者の利便性を考慮して、支払うことのできる上限額を決めて、思わぬ高額請求を防ぐ目的で設定しましょう。

\$100までの課金する場合
(\$100 + \$200) ÷ \$7 × 1000回 ÷ 31日 ≒ 1380

\$500までの課金する場合
(\$500 + \$200) ÷ \$7 × 1000回 ÷ 31日 ≒ 3220

※ 上記の数値はMaps JavaScript APIのみを使用することを想定したものです

完了

以上で完了です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away