Edited at

UXは機能とユーザビリティの上に立脚

More than 1 year has passed since last update.

山岡俊樹先生が連載されている「観察工学の概念と方法」の中で、次の記事にとても分かりやすい図があったのでメモ。

「第69回 UXを考える(5)」https://ogis.kansatsu.jp/blog/detail/242

UXの構造

図1に示されている、機能-ユーザビリティ-UXのピラミッドはとても分かりやすい。

よいUXを提供するためには、機能が十分満足できるレベルであることはもちろん、次の6つの感覚を生じさせるユーザビリティを備えている必要がある。

(1) 非日常性の感覚

(2) 獲得の感覚 

(3) タスク後に得る感覚

(4) 利便性の感覚 

(5) 憧れの感覚 

(6) 五感から得る感覚

記事の中で述べられている「70デザイン項目」は、2017年10月に参加したセミナーでも教えていただいた、人間工学に基づくUXの要因とその体系(UXのフレームワーク)。詳細は山岡先生の著書が詳しいが、次のブログの引用でも概要はつかめるだろう。


70デザイン項目の引用

http://d.hatena.ne.jp/stj064/20091207/p1


著書のうちの一冊