Edited at

通知設定状態をリアルタイムで取得し、UIに反映させる with RxSwift


概要


  • 画面の変更をあまり意識することなく、通知設定を取得・UIに反映する方法を書く

  • アプリ開発をしているとき、通知設定画面で通知設定状態を取得し、 通知設定がOFFになっています みたいな画面を実装すること、よくあるのではないでしょうか? 今回はその実装をRxSwiftを用いて作りたいと思います


イメージ

z.gif


  • 画面を開くたびに通知設定を取得し、UIを更新する


サンプルリポジトリ


環境


  • Xcode9.4

  • Swift4.1

  • RxSwift4.2

  • RxCocoa4.2


導入

pod install 'RxSwift'

pod install 'RxCocoa'


画面の作成

ViewController
DisableNotificationCoverView

スクリーンショット 2018-08-19 3.00.27.png
スクリーンショット 2018-08-19 3.00.46.png

DisableNotificationCoverViewを1番上の階層に配置し、isHidden = trueにしておく
一応使い回しできるように、Viewを切り出す


通知状態を良い感じに取得してくれるクラスの作成


RxNotificationCenter.swift

import RxSwift

import RxCocoa
import UserNotifications

class RxNotificationCenter {
static let shared = RxNotificationCenter()

let authorizationStatus = PublishRelay<UNAuthorizationStatus>()

private init() {}

func updateAuthorizationStatus() {
// 通知設定状態を取得し、オブザーバに流す
UNUserNotificationCenter.current().getNotificationSettings { [weak self] settings in
self?.authorizationStatus.accept(settings.authorizationStatus)
}
}
}



  • シングルトンインスタンスとして使えるように定義


通知オフですよのカバーViewを作成


DisableNotificationCoverView.swift

class DisableNotificationCoverView: UIView {

@IBOutlet weak var openNotificationSettingButton: UIButton!

private let disposeBag = DisposeBag()

override init(frame: CGRect) {
super.init(frame: frame)
commonInit()
}

required init?(coder aDecoder: NSCoder) {
super.init(coder: aDecoder)
commonInit()
}

override func awakeFromNib() {
openNotificationSettingButton.rx.tap
.subscribe(onNext: { [weak self] in
// ボタンがタップするたびにここの処理が呼ばれる
if let url = URL(string: UIApplicationOpenSettingsURLString), UIApplication.shared.canOpenURL(url) {
// 本体設定のこのアプリの設定画面を開く処理
UIApplication.shared.open(url, options: [:], completionHandler: nil)
}
})
.disposed(by: disposeBag)
}

private func commonInit() {
let bundle = Bundle(for: type(of: self))
let nib = UINib.init(nibName: "DisableNotificationCoverView", bundle: bundle)
let view = nib.instantiate(withOwner: self, options: nil).first as! UIView
self.addSubview(view)
}
}



  • 通知を取得する処理と、通知設定へ移動させる画面ができたので、ここから通知設定画面(仮)を作っていく


通知設定画面


  • ここでやっていることは以下


    • 最初に画面を作成した時


      • RxNotificationCenterの通知設定状態のオブザーバを監視、変更があったらUIを変更する

      • 通知設定状態を取得させてオブザーバに流すように命令



    • 画面を再表示したとき(一度離れ、別の画面からまた遷移してきたときなど)


      • 通知設定状態を取得させてオブザーバに流すように命令






ViewController.swift

import UIKit

import UserNotifications
import RxSwift

class ViewController: UIViewController {

@IBOutlet weak var disableNotificationCoverView: UIView!

private let disposeBag = DisposeBag()

override func viewDidLoad() {
super.viewDidLoad()
navigationItem.title = "通知設定"
setupViewController()
}

override func viewWillAppear(_ animated: Bool) {
super.viewWillAppear(animated)
// 通知設定状態を取得させてオブザーバに流すように命令
RxNotificationCenter.shared.updateAuthorizationStatus()
}

private func setupViewController() {
// RxNotificationCenterの通知設定状態のオブザーバを監視、変更があったらUIを変更する
RxNotificationCenter.shared.authorizationStatus
.map { status -> Bool in
switch status {
case .authorized:
return true
case .denied, .notDetermined:
return false
}
}
.bind(to: disableNotificationCoverView.rx.isHidden)
.disposed(by: disposeBag)
// 通知設定状態を取得させてオブザーバに流すように命令
RxNotificationCenter.shared.updateAuthorizationStatus()
}
}



最後に、通知設定画面からアプリに戻ってきたときに通知設定状態を取得する


AppDelegate.swift


@UIApplicationMain
class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate {

func applicationWillEnterForeground(_ application: UIApplication) {
RxNotificationCenter.shared.updateAuthorizationStatus()
}

}



  • ホーム画面や、別アプリから戻ってきた時、ViewControllerviewWillAppear, viewDidAppear が呼ばれるのではないかと思いがちだが、実は呼ばれません。


  • AppDelegateapplicationWillEnterForeground が呼ばれるので、そこに通知取得処理を挟んでおく


まとめ


  • RxSwift/RxCocoaを使い、通知状態をViewbindすることで、そこまでUIの変化を意識せずに通知設定取得処理を書くことができた

  • ホーム画面、別アプリからアプリへ戻ってきたときは AppDelegate のapplicationWillEnterForeground` が呼ばれる


Notes


  • こう書くともっとスマートになるよ、の声、待ってます 🙏