Windows

Windows 10のマシンセットアップ

自分のマシンセットアップ用のメモ。

OSのインストール

インストールディスクの準備

Windowsで https://www.microsoft.com/windows/windows10dl を開きダウンロードする。
それを起動し、Microsoft Storeで購入したライセンスを入力すると、8GB以上あるUSBメモリにインストールディスクが焼ける。

Windows以外で上記リンクをクリックするとISOが落ちてくるので、まあそれを何らかの方法で焼くことも多分できる

インストールディスクの起動

マザボのロゴ(ASRock)が出てきたらF2を押し、 USBメモリがブートされるようにする。ブートオプションでは念のためUEFIモードでブートするようにする。

Windows 8のインストールディスクと違い、Z97 Extreme 4で動くネットワークドライバが入っていた(対象のマシンでインストールディスクを作ったからかもしれないが)のでインストールウィザード中普通にネットに繋がる。適当にウィザードを進めてインストールを完了させる。

なおここは多分Microsoftアカウントにログインせずアカウントを作った方がよい

セットアップ

ユーザー名の変更

インストールウィザードでうっかりマイクロソフトアカウントでログインしてしまうと、ユーザーディレクトリの名前が適当な感じになるので、これを変更する

  • 左下のWindowsマーク > 設定マーク (Windowsの設定) > アカウント > ユーザーの情報 > ローカルアカウントに切り替える
    • ここで k0kubun2 とか、後で設定したいものとは別にする
  • 左下のWindowsマーク > 設定マーク (Windowsの設定) > アカウント > 家族とその他のユーザー > その他のユーザーをこのPCに追加 → このユーザーのサインイン情報がありません → Microsoft アカウントを持たないユーザーを追加する
    • ここでやっと k0kubun なユーザーを作る
    • 「アカウントの種類の変更」で「管理者」にしておく
  • k0kubun の方で入り、cmdとかでホームディレクトリの名前を確認し、さっきと同じ場所で「Microsoftアカウントでのサインインに切り替える」をやり、不要になったアカウントは削除

再び再起動すると設定画面にも反映される。その後同じ画面で本人確認もやっておくと良い

デスクトップアプリのインストール

  • Google Chrome
  • Nocturn
  • Kaoriya Vim
  • Slack
  • Dropbox
  • 1Password 4

適当にダウンロードを開始したりインストールしたりしながら次へ進む。zipを落としてくる系の奴は64bit版のものを選択し、(x86ではない)Program Filesにいれる。

HiDPI化

デフォルトの解像度設定だと見づらいので以下の設定をいじる

  • 左下のWindowsマーク > 設定マーク (Windowsの設定) > システム > ディスプレイ > テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する = 200%
    • 解像度は3840 x 2160 (推奨)のまま

この後再起動した方がNocturnとかの表示が綺麗になる

タスクバーの位置を上に移動

  • タスクバーを右クリック、「タスクバーを固定する」を解除、適当に上にドラッグ、「タスクバーを固定する」を有効化

のどかのセットアップ

  • 「のどかのご案内」のメールからzipをダウンロードし、そのメールに記載のパスワードを入力
  • nodoka-4.29_setup.exe を実行、インストール後再起動
  • 隠しファイルが表示できる設定にする
    • 「左下のWindowsマーク > 設定マーク (Windowsの設定)」から検索バーに「ファイル」とかいれると「すべてのファイルとフォルダーの表示」がある「エクスプローラーのオプション」が表示できる
    • そこで「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェック
    • ついでに「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外し、「タイトルバーに完全なパスを表示する」をチェックして、OK
  • のどかを起動
  • GitHubの k0kubun/dotfiles の config/.nodoka をコピーし、ユーザーディレクトリにnotepadで .nodoka として作成
  • 「(ホームディレクトリから)」を選択、編集でユーザーディレクトリの.nodokaを指定し、OK
  • 再読み込みをし、OK

キーリピートの変更

  • コントロールパネル > コンピュータの簡単操作 > キーボードを使いやすくします > キーボード設定
    • 表示までの待ち時間を最短に

CorvusSKK

  • nathancorvussolis/corvusskk の releases から corvusskk-2.5.5.exe をダウンロード、実行
  • 再起動後、IMEメニューをクリック→言語設定→日本語をクリック→オプション→Microsoft IMEをクリック→削除
  • テキスト入力が可能な適当な場所にフォーカスを当て、IMEのメニューを右クリック→設定
    • 辞書→ファイル追加→SKK-JISYO.Lを選択→取込
    • 動作1→初期入力モード→「ASCII」をチェック
    • 表示1→「注釈を表示する」のチェックを外す、候補一覧側をチェックにしておく

開発環境

RubyInstaller

  • https://rubyinstaller.org/downloads/ からRuby 2.4.2-2 (x64)とかを落とし、実行
  • 終わると ridk install を促され、そこで1,2,3と選ぶとmsys2とmingwをインストールできる

mintty

  • 環境変数HOMEをC:\Users\k0kubunにし、再起動
  • 「MSYS2 MinGW 64-bit」 とかが最近追加されたものに入るので、起動してピン止めしておく
  • タイトルバーを右クリック→Options
    • Looks → Transparency → Med.
    • Looks → Cursor → Block
    • Text → Font → 18pt
    • Terminal → Type → xterm-256color

nodejs

  • https://nodejs.org/en/ からLTSをダウンロード
  • 普通に実行してインストール
  • Win-Rからpowershellを起動
    • その中で Start-Process powershell -Verb runas
      • その中で npm install -g windows-build-tools
  • 環境変数 Path に C:\Users\k0kubun\AppData\Roaming\npmC:\Users\k0kubun\.windows-build-tools\python27 をつっこんでおく

その他

TBD...

その他の設定

タスクバーに表示するアイコンの変更

  • タスクバーを右クリック→タスクバーの設定→タスクバー→「タスクバーに表示するアイコンを選択します」

ピープルもこの辺で消せる

システム音の音量オフ

  • コントロールパネル > ハードウェアとサウンド > システム音量の調整 > システム音をミュート