Edited at

Oculus Go で開発する初めの一歩 (tip集)


概要

Oculus Go Unity 開発にあたり、 tips 的なものを集めるというのが目的です。

これを元に開発スピードの向上に繋がったり、新規 developer の役に立てると幸いです。

どんどん充実させていきたい


adbコマンドを使って録画

adbが使える状態になっていることが前提です

録画可能 最大時間3分

音声は記録されません

(どうしても音声を入れたい場合はこちらを Oculus Goで録音&録画【Oculus Go】 - (:3[kanのメモ帳])


デバイスが接続されている事を確認する

$ adb devices

List of devices attached
0123455789abcde device



おまじない的な

$ adb logcat -s Unity ActivityManager PackageManager dalvikvm DEBUG



録画

$ adb shell screenrecord {oculus上の保存したいパス}


オプション
説明

--size
解像度
幅x高さ 指定
screenrecord --size 1080x1980

--bit-rate
ビットレート
4Mbps=4000000bps
screenrecord --bit-rate 4000000

--time-limit
録画最大時間
秒 指定
screenrecord --time-limit 60

中止は Ctrl+C


動画の取り出し

$ adb pull {oculus上の保存したパス} {ローカルパス}



UnityをGitHubで管理する

GitHub for Unity - Asset Store


基本 setup編

Macの方は brew より git-lfs をinstall しておきましょう

$ brew install git-lfs

...
$ git lfs version
git-lfs/2.5.2 (GitHub; darwin amd64; go 1.11)

Assets StoreからImport する


  1. Importが完了すると Windowタブ 配下に GitHub というのが表示されるようになるのでクリック。
    スクリーンショット 2018-11-01 19.56.35.png


  2. 右に GitHub のメニューが出るので initialize a repository for this project をクリック
    スクリーンショット 2018-11-01 20.07.40.png


  3. 上の Sing in を押すと 下に小さい枠が出てくるので GitHubアカウントを記入して Sign in をクリック
    スクリーンショット 2018-11-01 20.11.01.png


  4. Publish を押すとこのprojectを自分の GitHub Repository として登録してくれます
    スクリーンショット 2018-11-01 20.13.40.png


  5. あとは commit 詰んで push したりコマンドラインからとか好きにやったらええよ。



pull して開く場合


pull

$ git lfs clone {リポジトリ}



  1. Cloneしたプロジェクトを Unity で開く

  2. Build Settingを忘れずに行う

  3. Unityのオブジェクトをダブルクリックで展開する
    スクリーンショット 2018-11-01 20.18.42.png

  4. 必要であればAssetsなどをImportしたりBuilder使ったりして読み込む

  5. 以上

よい開発ライフを〜。