LoginSignup
911
806

More than 3 years have passed since last update.

Railsで超簡単API

Last updated at Posted at 2018-06-27

概要

RailsのAPIモードを利用してAPIを作成する手順をまとめました。
作成するAPIへのリンク

手順

1. APIモードでRailsアプリの作成
2. モデル・コントローラの作成
3. 名前空間を意識したルーティングの設定
4. コントローラの設定
5. postmanを使用して動作の確認
6. APIにテストを作成する

APIモードでRailsアプリの作成

外部からPostというモデルの情報の作成・取得・削除・編集ができるような形式にします。
通常のrails newコマンドの末尾に--apiをつけることでAPIモードでアプリを作成することができます。
(APIに必要ない部分をデフォルトで作成しなくなります。)

console
$ rails new blog --api

モデル・コントローラの作成

通常のRailsアプリ同様モデルとコントローラを作成します。
今回はtitleというstringを持ったpostというテーブルを作成します。

$ rails g model post title:string
$ rails g controller posts
$ rails db:create
$ rake db:migrate

名前空間を意識したルーティングの設定

最初から以下の様にバージョンで名前空間を作成しておくことで今後のAPIのバージョン管理が容易になります。

config/routes.rb
Rails.application.routes.draw do
  namespace 'api' do
    namespace 'v1' do
      resources :posts
    end
  end
end

rake routesで確認すると以下の様になります。

api_v1_posts GET    /api/v1/posts(.:format)     api/v1/posts#index
             POST   /api/v1/posts(.:format)     api/v1/posts#create
 api_v1_post GET    /api/v1/posts/:id(.:format) api/v1/posts#show
             PATCH  /api/v1/posts/:id(.:format) api/v1/posts#update
             PUT    /api/v1/posts/:id(.:format) api/v1/posts#update
             DELETE /api/v1/posts/:id(.:format) api/v1/posts#destroy

コントローラの設定

ルートで設定した名前空間に合わせてディレクトリの構成は以下のようになります。

---- controllers

      --- api

        -- v1

         - posts_controller.rb

コントローラの中身を外部からajaxリクエスト等で情報の作成・取得・削除・編集が可能になるよう設定します。

posts.controller.rb
module Api
  module V1
    class PostsController < ApplicationController
      before_action :set_post, only: [:show, :update, :destroy]

      def index
        posts = Post.order(created_at: :desc)
        render json: { status: 'SUCCESS', message: 'Loaded posts', data: posts }
      end

      def show
        render json: { status: 'SUCCESS', message: 'Loaded the post', data: @post }
      end

      def create
        post = Post.new(post_params)
        if post.save
          render json: { status: 'SUCCESS', data: post }
        else
          render json: { status: 'ERROR', data: post.errors }
        end
      end

      def destroy
        @post.destroy
        render json: { status: 'SUCCESS', message: 'Deleted the post', data: @post }
      end

      def update
        if @post.update(post_params)
          render json: { status: 'SUCCESS', message: 'Updated the post', data: @post }
        else
          render json: { status: 'SUCCESS', message: 'Not updated', data: @post.errors }
        end
      end

      private

      def set_post
        @post = Post.find(params[:id])
      end

      def post_params
        params.require(:post).permit(:title)
      end
    end
  end
end

postmanを使用して動作の確認

まずrailsコンソールを利用していくつかデータを作成しましょう。

$ rails c 
2.4.4 :001 > Post.create(title:'title1')
2.4.4 :001 > Post.create(title:'title2')

まず作成したAPIを動かします。

$ rails s
# こちらでcsrfトークンエラーが起きたのでposts_controllerのコールバックに以下を追記しました
skip_before_action :verify_authenticity_token

次にpostmanを開き以下の動作の確認を行います。

Get(http://localhost:3000/api/v1/posts)

先ほど登録した2つのデータを取得する事ができました。

image.png

GET(http://localhost:3000/api/v1/posts/:id)

今度はidで指定して必要なデータのみを取得します。
image.png

POST (http://localhost:3000/api/v1/posts)

次にデータを作成してみましょう。
PostリクエストなのでURLを入力する左側の選択肢をGetからPostに変更し、json形式のデータを渡します。
image.png

PUT(http://localhost:3000/api/v1/posts/:id)

次は一度登録したデータをUpdate(更新)してみましょう。
URL左の選択肢をPUTに変更。
image.png

DELETE(http://localhost:3000/api/v1/posts/:id)

最後に一度登録したデータをDestroy(削除)してみましょう。
URL左の選択肢をDELETEに変更。
image.png

APIにテストを作成する

APIを作成できたら動作を保証するためにテストを書いていきましょう。
APIのテスト作成方法については以下の記事にまとめました。

【Rails】RailsAPIテストの書き方

参考

Rails による API 専用アプリ

911
806
1

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
911
806