Help us understand the problem. What is going on with this article?

リモートリポジトリを複数設定にする方法

More than 1 year has passed since last update.

今回は1つのローカルリポジトリに対して、2つのリモートリポジトリを登録する方法についてご紹介したいと思います。

設定方法がとても簡単だったので、自分用として記録します。

現在のリポジトリを確認

git remote -v
origin  git@bitbucket.org:hogehoge/hoge.git (fetch)
origin  git@bitbucket.org:hogehoge/hoge.git (push)

上記を実行することで、現在設定されているリモートリポジトリを確認することが出来ます。

ここでリポジトリが2つ以上出てきたら、複数設定されているということになります。

現在は bitbucketしか表示されていませんね。

リモートリポジトリの追加

では、新たに登録したいリモートリポジトリを作成したら、

git remote add foofoo git@github.com:redamoon/foofoo.git

を実行。

fooに入るのはラベルと言って、自分が覚えやすい、管理しやすいもので構いません。

私は新たにGit hubのリモートリポジトリを追加したので

git remote add github git@github.com:redamoon/foofoo.git

としました。ここはお好みで!

これで2つのリモートリポジトリが作れちゃいました。

後は最初に打った、git remote -vで確認してみると

git remote -v
github  https://github.com/git@github.com:redamoon/foofoo.git (fetch)
github  https://github.com/git@github.com:redamoon/foofoo.git (push)
origin  git@bitbucket.org:hogehoge/hoge.git (fetch)
origin  git@bitbucket.org:hogehoge/hoge.git (push)

となり、設定されているはずです。

それぞれのリポジトリに対してpushする方法

pushをするにはそれぞれのリモートリポジトリのラベルを指定してあげれば大丈夫です。

git push origin master
git push foofoo master

こんな感じですね!

 【参考記事】
https://git-scm.com/book/ja/v2/Git-%E3%81%AE%E5%9F%BA%E6%9C%AC-%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%A7%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%A5%AD

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした