Help us understand the problem. What is going on with this article?

JOBのサンプルコードの動作確認手順

More than 1 year has passed since last update.

概要

ここには、JOBのサンプルコードを使用してバーコードを読み取った際の手順を記載します。
デモページも用意されているので、そちらで動作を確認することもできますが、
今回は、自分のPC上に立てているApacheで動作させています。
以下、手順です。

手順

1.https://github.com/EddieLa/JOB/tree/gh-pages から clone or ダウンロードします。

※以下のファイルがダウンロードできます。
index.html  
StreamDemo.html  
DecoderWorker.js  
JOB.js  
exif.js  

2.ダウンロードしたファイルをドキュメントルートに配置します。
3.ブラウザから index.html(サンプルコード)にアクセスすると以下の画面が表示されます。
Screenshot_20190106-215252_Chrome.jpg
4.「ファイルを選択」をタップすると以下のようにアプリケーションの一覧が表示されるので、今回は「カメラ」を選択します。
Screenshot_20190106-215259_Android System.jpg
5.カメラが起動します。撮影すると以下の画面が表示されるので、「OK」をタップします。
Screenshot_20190106-215453_Camera.jpg
6.すると、以下のようにバーコードの種別と読み取れたコード値が表示されます。(うまく読み取れなかった場合は、「Decoding failed.」と表示されます。)
Screenshot_20190106-215502_Chrome.jpg

動作確認に利用した端末は Galaxy S9+(SC-03K) です。

以上です。

サンプルコードについて、ざっくり考察。

※2019/01/08 追記

index.html
// 1.起点
//  カメラでの撮影等が完了し、バーコード読み取り対象の画像の選択が完了すると、
//  この要素のonchangeイベントが発生します。
<input id="Take-Picture" type="file" accept="image/*;capture=camera" />

// 2.onchangeイベントのハンドリング
//  onchangeイベントが発生した際、以下のように画像をfileとして受け取るようにしています。
takePicture.onchange = function (event) {
  var files = event.target.files;
  if (files && files.length > 0) {
    file = files[0];
// :略
}

// 3.バーコード画像の読み込み&デコード
try {
    var URL = window.URL || window.webkitURL;
    showPicture.onload = function(event) {
        Result.innerHTML="";
        JOB.DecodeImage(showPicture);
        URL.revokeObjectURL(showPicture.src);
    };
    showPicture.src = URL.createObjectURL(file);
}
catch (e) {
// 略 ※注意:catchの中でもFileReaderを使用して画像の読み込み&デコードを試みています。
}

// 4.デコード結果のハンドリング&結果表示
//  デコード結果がresultとして受け取ることが出来ます。
//  ここでは、フォーマット(result[i].Format)とバーコード値(result[i].Value)を結果として表示しています。
JOB.SetImageCallback(function(result) {
    if(result.length > 0){
        var tempArray = [];
        for(var i = 0; i < result.length; i++) {
            tempArray.push(result[i].Format+" : "+result[i].Value);
        }
        Result.innerHTML=tempArray.join("<br />");
    }else{
        if(result.length === 0) {
            Result.innerHTML="Decoding failed.";
        }
    }
});

以上です。

k-murayama
https://github.com/kazuyuki-murayama?tab=repositories
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした