Mac
SQL
brew

SQL::Translatorをインストールする

概要

migrationを導入していないある案件で開発中DB次期version開発中DBとに差分が出てきて、同期をとる必要があった。
そこでその差分をチェックし、同期を取るためのSQLを生成してくれるSQL::Translatorをインストールして使ってみたのでそのメモ。

他にも色々な機能があるようだが詳細は公式サイトを参照。

インストール手順

MacOS

homebrewからinstallする事が出来る。

brew install sql-translator

CentOS

yum install perl-SQL-Translator.noarch

確認

# コマンドの第一引数がoldDB, 第二引数がnewDB
sqlt-diff oldDB newDB 
# 引数には[ファイルパス=RDBMS名]で指定。比較結果をリダイレクトでファイル出力
sqlt-diff sample.sql=MySQL sample2.sql=MySQL > ~/Desktop/sample-diff.sql

参考