Edited at

CentOS7 インストール手順

More than 3 years have passed since last update.


【CentOS7 インストール手順】


◇ 演習環境


  • OS: CentOS7.0 (2014年7月7日 Release)

  • Memory: 512MB 以上推奨


◇ CentOS7 インストール手順


  1. 公式サイトからインストールISO(minimal)を取得



  2. ISO ファイルを仮想ドライブにセットし起動

  3. インストール実行


※インストール時の注意事項


  • Strage 調整: 50GB 以上割り当ててインストールを試みると / へ50GB、/home へ残りすべて割り当てられるため設定が必要


◇ CentOS 初期設定


1. インターフェース設定

vim /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp0s3

----
+DOMAIN="domain.org"


  • Domain: ドメイン名の補完設定を有効化


2. yum proxy 設定有効化


  • proxy を使用する環境のみ設定を行う


/etc/yum.conf

@@ -13 +13 @@

-
+proxy=http://192.168.100.11:3128/


3. 最新版への更新

yum update -y

reboot


4. selinux 無効化

sed -i s/SELINUX=enforcing/SELINUX=disabled/g /etc/selinux/config


5. システム再起動


  • kernel 最新版への更新や selinux の設定を反映

reboot


◇ パッケージの追加インストール


1. firewalld


a. インストール

yum install firewalld


b. サービス起動

systemctl start firewalld.service


c. 自動起動設定追加

systemctl enable named-chroot.service


d. アクセス許可サービス許可確認

firewall-cmd --list-all


e. サービス定義一覧表示

firewall-cmd --get-services


  • --add-service で指定可能なサービスの一覧


2. vim


a. インストール

yum install vim 


3. zsh


a. インストール

yum install zsh 


b. デフォルトシェル変更

chsh

-----
root のシェルを変更します。
新しいシェル [/bin/bash]: /bin/zsh <- zshを指定
シェルを変更しました。


c. カスタム設定


~/.zshrc

# 履歴ファイルの保存先

export HISTFILE=${HOME}/.zsh_history

# 複数の zsh を同時に使う時など history ファイルに上書きせず追加する
setopt append_history

# 履歴の共有
setopt share_history

# メモリに保存される履歴の件数
export HISTSIZE=1000

# 履歴ファイルに保存される履歴の件数
export SAVEHIST=100000

# 重複を記録しない
setopt hist_ignore_dups

# 開始と終了を記録
setopt EXTENDED_HISTORY
setopt correct

# プロンプトに色をつける
autoload -U colors; colors

bindkey -v
bindkey "^R" history-incremental-search-backward

case "${TERM}" in
screen*|ansi*)
preexec()
{
echo -ne "\ek${1%% 2%% *}\e\\"
}
precmd()
{
echo -ne "\ek$(hostname|awk 'BEGIN{FS="."}{print $1}')\e\\"
#echo -ne "\ek$(basename $SHELL) :::: waiting your command ... > (:3[___]\e\\"
}
;;
esac



4. screen


a. インストール

yum install screen 


b. 設定


~/.screenrc

hardstatus alwayslastline "[%02c] %`%-w%{=b bw}%n %t%{-}%+w"



5. VMWare Tools


  • VMWare 使用時のみ実行


a. インストール実行

yum install open-vm-tools

reboot


b. インストール確認

vmware-toolbox-cmd -v

※バージョンが表示されればインストール確認完了


6. OracleVM VirtualBox Guest Additions


  • OracleVM VirtualBox 使用時のみ実行


a. 関連パッケージのインストール


  • CentOS7 から perl が不要となる

yum install kernel-devel make gcc bzip2 


b. GuestAdditions のマウント


  • VirtualBox のウインドウから [デバイス] -> [GuestAdditions CD イメージの挿入] を選択し、下記コマンドを実行

mount -r /dev/cdrom /media


c. インストール実行

/media/VBoxLinuxAdditions.run