Help us understand the problem. What is going on with this article?

IFTTTとIRKitでGoogleHomeから家電をコントロールする

More than 1 year has passed since last update.

IMG_4141.JPG

概要

ゴール

  • GoogleHomeに「エアコンつけて」といったらエアコンがつくようにする

手順

  • IRKitの接続情報を取得する
    • IRKitのIPアドレスを取得する
    • IPアドレスをキーに、クライアントトークン(clienttoken)を取得する
    • クライアントトークン(clienttoken)をキーに、クライアントキー(clientkey)とデバイスID(deviceid)を取得する
  • リモコンの信号をスキャンする
  • IFTTTにレシピを登録する
    • If This Then ThatのThisとThatに次のように登録する
      • 「This」側にはGoogleAssistantを選択する
      • 「That」側にはWebhooksを指定する
        • Webhooksを選択
        • URL:https://api.getirkit.com/1/messages
        • Method:POST
        • Context Type:"application/x-www-form-urlencoded"
        • Bodyはスキャンした信号とキー情報を編集して入力
          • clientkey=xxx&deviceid=xxx&message={xxx}

IFTTTの設定(Googleアシスタント側)

2017-10-09-01.PNG

IFTTTの設定(Webhooks側)

2017-10-09-02.PNG

参考サイトの補足情報

後述の参考サイトに詳しい記述があるので、それを参考にすればよい。
参考サイトどおりにできなかった箇所のみ補足する。

  • Windows環境にcurlコマンド等がインストールされていない場合はGowをインストールするのをおすすめ(Cygwinよりも簡単)
  • 参考サイトではIFTTTのThat側に「Maker」を使用しているが、2017/10/09現在検索できなかったため「Webhooks」を選択した
  • Googleアシスタント側に「TVをつけて」のようなフレーズ登録すると、Chromecastの操作と混同して「対応する機器が登録されていません」のようなエラーになってしまうことがある。仕方がないので「テレビオン」のようなフレーズにした。(「エアコンつけて」はうまくいくのに「エアコン消して」はうまくいかないという事象も発生した)

参考サイト

以下のサイトを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

jyoshida
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした