Help us understand the problem. What is going on with this article?

LANとWAN、プロトコルとパケット

LANとWAN

事業所など局地的な狭い範囲のネットワークをLAN
LAN動詞をつなぐ広域ネットワークをWANと呼ぶ

データを運ぶ通信路の方式とWAN通信技術

 コンピュータがデータをやりとりするためには互いを結ぶ通信路が必要で
 もっともシンプルな形は互いを直接1本の回線で結んでしまうこれを専用回線方式という
 正しこれでは1対1の通信しか行えないので交換機が回線の選択を行って、必要に応じた通信路
 が確立される方式がありこれを交換方式と言う

交換方式

 交換方式には2種類の方式がある

 ・回線交換方式
 送信元から送信先にまで至る経路を交換機がつなぎ、通信路として固定する。
 
 ・パケット交換方式
 パケットという単位に分割された通信データを交換機が適切な回線へと送りだすことで通信路を形成する
 WANの構築で拠点間を接続する場合などを除いて、現在のコンピュータネットワークで用いられるのは基本的にパケット交換式になる
 

LANの接続形式(トポロジー)

 LANを構築するときに、各コンピュータをどのようにつなぐか。その接続形態のことをトポロジーと呼ぶ
  以下の3つが代表的なトポロジー
 
 ・スター型
 図100.png

 ・バス型
 図101.png

 ・リング型
 図102.png

現在のLANはイーサネットがスタンダード

 LANの企画として、現在もっとも普及しているのがイーサネット(Ethernet)です。IEEEによって標準化されており
 接続形態や伝達速度ごとに、以下の企画に分かれている
 図103.png

  

イーサネットはCSMA/CD方式でネットワークを監視

 イーサネットはアクセス制御方式としてCSMA/CD方式を採用している
 CSMA/CD方式では、ネットワーク上の通信状況を監視して、他に送信を行っている者がいない場合に限って
 データの送信を開始する。
 それでも同時に送信してしまい、通信パケットの衝突(コリジョン)が発生した場合は各々ランダムに
 求めた時間分待機してから、再度送信を行う。

トークンリングとトークンパッシング方式

 リング型LANの代表核であるトークンリングでは、Access制御方式にトークンパッシング方式を用います。
 

無線LAN

 ケーブルを必要とせず電波などを使って無線で通信を行うLANが無線LANという
 IEEE802.11シリーズとして規格化している
 電波の届く範囲であれば自由に移動することができるが、電波を盗聴されてしまう恐れもあるため
 通信を暗号化するなど、しっかりとしたセキュリティ対策が必要になる
 

クライアントサーバとサーバ

 ネットワークにより、複数のコンピュータが組み合わさって働く処理の携帯にはいくつか種類がある
 代表的なのが以下の通り
 
 ・集中処理
 ホストコンピュータが集中的に処理をして、他のコンピュータはそれにぶら下がる構成です。
 図104.png

 ・分散処理
 複数のコンピュータに負荷を分散させて、それぞれで処理を行うようにした構成
 図105.png

 ・クライアントサーバシステム
 集中的に管理したほうが良い資源(プリンタやハードディスク領域など)やサービス
 を提供するサーバや必要に応じてリクエストを投げるクライアントという
 2種類のコンピュータで処理を行う構成で現在の主流となっている

プロトコルとパケット

 コンピュータは異論な約束ことにのっとってネットワークを介したデータのやり取りを行う
 

プロトコルとOSI基本参照モデル

 プロトコルには様々な種類があり「どんなケーブルを使用して」「どんなデータ形式で」といったことが、事細かに決まっている
 それらを7階層に分けたのがOSI基本参照モデル
 図106.png

なんで「パケット」に分けるのか

 TCP/IPというプロトコルを使うネットワークでは、通信データをパケットに分割して通信路へ流す。
 なぜ分割して流すかというと通信路上を流せるデータ量は有限だから。

以上

 

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした