Help us understand the problem. What is going on with this article?

秋月電子の「Wi-Fiモジュール ESP-WROOM-02 DIP化キット」を使った開発環境の構築

More than 3 years have passed since last update.

まとめ

  • Arduino IDEから、秋月電子のESP-WROOM-02へスケッチが書き込めるところまでの動作確認を行いました。
  • ポイントは、モード設定用のピンを正しく接続することです。
    • GPIO15, GPIO0, GPIO2
      • UART Download Mode(スケッチの書込み) = Low - Low - High
      • Flash Boot Mode(スケッチの実行) = Low - High - LowHigh

事前準備

使用した機材

今回購入したもの

環境構築

ソフトウェア

Arduino IDEのアップデート

  • これまで使用してきたバージョンが1.6.4でしたので最新版にアップデートしました。(最新版=1.6.7)

USBシリアルドライバのアップデート

ESP8266ボードのインストール

スケッチ

  • サンプルのままです。GPIOは16番を使います。
blink-test.ino
#define LED_PIN 16

void setup() {
  // put your setup code here, to run once:

  pinMode(LED_PIN, OUTPUT);

}

void loop() {
  // put your main code here, to run repeatedly:
  digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
  delay(1000);
  digitalWrite(LED_PIN, LOW);
  delay(1000);
}

ボードと書込装置の選択

  • Arduino IDEの「ツール:マイコンボード」メニューから、「Generic ESP8266 Module」を選択します。
    • Arduino IDEは、ボードや書込装置の設定内容をスケッチ毎に保持しないようです。

fig2.png

ハードウェア

  • 下図のようにブレッドボードに組み立てました。
    • FritzingにESP-WROOM-02のパーツが無かったので、18pinのDIP ICで表現しています。

1st_ブレッドボード.png

  • 実際に組み立てた様子は下の写真のようになります。
    • ジャンパの色は上記チャートとは違います。(適当です・・・)

IMG_4335.JPG

動作確認

  1. いったん電源を落とします(DCプラグを外します)
  2. IO0をGNDに落とします(スイッチが欲しかったですが、ジャンパを差し替えて対応します)
  3. 電源を入れます(DCプラグを差し込みます)
  4. (この回路の場合は、動作確認用LED(赤)が点灯します)
  5. IDEから「マイコンボードに書き込む」ボタンを押します
  6. この環境の場合、30秒位経過すると、flush completeと表示され、LED(赤)が点滅を始めます
  7. 電源を落とします(DCプラグを外します)
  8. IO0をVccに接続します(ジャンパを差し替えます)
  9. 電源を入れます(DCプラグを差し込みます)
  10. LED(赤)が点滅を始めます(スケッチが起動します)

参考

以下の記事が分かりやすかったです。

これからやりたいこと

BME280使用 温湿度・気圧センサモジュールキットをつなぐ

juosugi
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした