Boostnoteで使ってるMarkdownについてまとめたのでここに書き留めます。

Markdownとは?

『Markdown(マークダウン)は、文書を記述するための軽量マークアップ言語のひとつである。 本来はプレーンテキスト形式で手軽に書いた文書からHTMLを生成するために開発されたものである。 しかし、現在ではHTMLのほかパワーポイント形式やLaTeX形式のファイルへ変換するソフトウェア(コンバータ)も開発されている。』
(参考:Markdown-ウィキペディア:https://ja.wikipedia.org/wiki/Markdown)

使い方

1.見出し

# 大見出し
## 中見出し
### 小見出し
標準

20170923180838.png

2.強調

*イタリック体*
**太字**
~~打ち消し~~

20170923180842.png

 

3.たたむ

長めの文章を折りたためます。

<details><summary>Boostnoteとはmarkdown記法に対応したメモ帳で、情報整理・共有のためのツールです。</summary>
-機能-<br>
・メモを一発で見つける検索機能<br>
・markdown記法に対応<br>
・Mac,Windows,Linux,iOS,Androidに対応<br>
・Plain text(.txt),Markdown(.md)形式にエクスポート、インポート<br>
・PDF保存に対応<br>
・オフラインで使用できる<br>
・設定でdropboxなどに同期可能<br>
・テーマカラーや、数多くのフォントに対応<br>
</details>

20170923180844.png

20170923180847.png

 

4.リスト

* リスト1
* リスト2
* リスト3

20170923180849.png

 

5.リンク

左に文字、右にリンクを入れます。


[Boostnote](https://boostnote.io)

20170923180900.png

 

6.チェックボックス

- [x] タスク1
- [ ] タスク2

20170923180905.png

 

7.引用

> 引用
> 引用引用

20170923180909.png

8.水平線

水平線は色々な書き方があります。

スクリーンショット 2017-12-05 16.18.30.png

20170923180915.png

9.画像埋め込み

左には画像のタイトルを入れ、右側には保存されている場所を書きます。


![画像タイトル](https://boostnote.io/assets/img/logo.png)

20170923180919.png

10.ソースコードの記入

プログラマ向けですが、コードを記入できます。

(「/」は抜いてください)


`/`/` js
 render: function() {
    return (
      <div className="commentBox">
        <h1>Comments</h1>
        <CommentList data={this.state.data} />
        <CommentForm onCommentSubmit={this.handleCommentSubmit} />
      </div>
    );
  }
`/`/`

20170923180921.png

 

11.テーブル記法

表も簡単に作れます。

| 果物            | 値段    |
|:-----------|------------:|
| りんご         | 120円    |
| ぶどう         | 398円    |
| みかん         | 100円    |
| レモン         | 98円     |
| 桃            | 300円    | 
| メロン         | 2000円   |

20170923180924.png

Boostnoteの場合、上記の基本的なmarkdownに加えて以下の記述もできます。 

Latex

 数式が書けます。


$$$
\mathrm{e}^{\mathrm{i}\theta} = \cos(\theta) + \mathrm{i}\sin(\theta)
$$$

20170923181105.png

 

flowchart

フローチャートが書けます。

(「/」は抜いてください)


`/`/`flowchart
st=>start: Start:>http://www.google.com[blank]
e=>end:>http://www.google.com
op1=>operation: My Operation
sub1=>subroutine: My Subroutine
cond=>condition: Yes or No?:>http://www.google.com
io=>inputoutput: catch something...
 
st->op1->cond
cond(yes)->io->e
cond(no)->sub1(right)->op1
`/`/`

20170923181108.png

 

Sequence

シーケンスも書けます。

(「/」は抜いてください)


`/`/`sequence
Title: Here is a title
A->B: Normal line
B-->C: Dashed line
C->>D: Open arrow
D-->>A: Dashed open arrow
`/`/`

20170923181111.png


 
以上、Markdown記法のまとめでした。