RaspberryPi

[RaspberryPi]OSインストールから初期設定

More than 1 year has passed since last update.


環境


  • mac

  • Raspberry Pi2 Model B

  • Raspbian JESSIE

  • PLANEX 無線LAN子機 11n/g/b 150Mbps GW-USNANO2A

インストールするのはRASPBIAN JESSIE WITH DESKTOP

 


目的

raspberry piのOSインストールから初期設定


1.SDカードの準備

スクリーンショット 2017-08-12 11.04.59.png

アプリケーション>ユーティリティ>ディスクユーティリティから、SDカードをフォーマットします

消去をクリックして、フォーマットの種類を選んで、消去

- 32GB以下の場合、MS-DOS(FAT)

- 32GBより大きい場合、exFAT

その後、マウント解除をクリック


2.OSダウンロードと解凍

公式サイトからOSのZIPファイルをダウンロード

ダウンロードしたzipファイルは、p7zipで解凍します


cmd

brew install p7zip

7z x 2017-07-05-raspbian-jessie.zip


3.raspbianのイメージファイルをSDカードに書き込み


cmd

sudo dd bs=1m if=2016-03-18-raspbian-jessie.img of=/dev/rdisk2


「/dev/rdisk2」はディスクユーティリティの装置項目を参照して指定します

参考:diskとrdisk


4.raspberry piにインストール

SDカードをraspberry piに挿して、モニターと接続して、起動します


5.設定(デスクトップから)

RASPBIANのデスクトップを使って各種設定をしていきます

(日本語化するまで、メニューは英語表記なので、都度読み替えて)

必要に応じてraspberry piをリブートしながら設定

2017-08-12-015053_1824x984_scrot.png


5-1.wifi

右上のbluetoothアイコンと音量調整アイコンの間の、アイコンをクリックして設定します


5-2.piユーザーのパスワード変更

左上のラズパイアイコンから、設定>Raspberry Piの設定>システムのパスワードから変更します


5-3.SSHの許可

左上のラズパイアイコンから、設定>Raspberry Piの設定>インターフェースのsshを有効にします


5-4.日本語化

左上のラズパイアイコンから、設定>Raspberry Piの設定>ローカライゼーションから設定します


6.設定(コマンドラインから)

コマンドラインからwifi省電力対応、rootユーザーのパスワード変更、アプリの更新をしていきます


6-1.wifi省電力対応

デフォルトで、wifiアダプタの省電力設定がONになっています

macなどからsshで接続した場合、一定時間操作しないと接続がきれてしまうので、省電力設定をOFFにします


cmd

sudo vi /etc/modprobe.d/8192cu.conf


ファイルには以下を記述します。


vi

# Power Save Mode OFF

options 8192cu rtw_power_mgnt=0

設定後、リブートします


cmd

sudo cat /sys/module/8192cu/parameters/rtw_power_mgnt

0

になっていれば設定OKです

参考:無線LANアダブターの省電力OFF


6-2.rootユーザーのパスワード変更


cmd

sudo passwd root



6-3.アプリの更新

ファームウェアの更新


cmd

sudo rpi-update 

sudo reboot

apt-getの更新


cmd

sudo apt-get update

sudo apt-get upgrade
sudo reboot