AWS
Security
certificate
認定

AWS Certified Security - Specialty 合格しました。


はじめに

皆さんこんにちは。

全然Qiitaの投稿が出来ていないJumpです。

標題の通り、AWS Certified Security - Specialtyを取得してきました。

Qiitaとかにも、全然この認定資格の記事が無かったので、

誰かの役に立てば…と思い、投稿します。


AWS Certified Security - Specialty とは?

こちらの公式ページをご覧下さい。


  • 専門的なデータの分類と AWS のデータ保護の仕組みに関する知識

  • データ暗号化の手法とそれを実現する AWS の仕組みに関する知識

  • セキュアなインターネットプロトコルとそれを実現する AWS の仕組みに関する知識

  • AWS のセキュリティサービスとセキュアな運用環境を実現するサービスの機能に関する実践的な知識

  • AWS のセキュリティに関するサービスおよび機能を使用した、運用環境における 2 年以上の経験を通じて得られたコンピテンシー

  • 一連のアプリケーション要件に応じて、コスト、セキュリティ、導入の複雑さのバランスを勘案した意思決定を行える能力

  • セキュリティの運用とリスクに関する知識

上記の能力に対する認定資格となります。

5月上旬に日本語でも受験が可能となったので、

AWS Summit Tokyoの会場で受けてきました。


どんな問題が出る?

早速本題。

Securityと銘打っているだけあって、

セキュリティ/認証 系のサービスの問題が多数出てきます。

分野
試験における比重

インシデント対応
12%

ログと監視
20%

インフラストラクチャのセキュリティ
26%

ID およびアクセス管理
20%

データ保護
22%

”AWS 【↑のワード】”でググれば

ほとんど出題範囲のサービスが出てくると思います。


どんな勉強した?

勉強した内容としては、以下です。


  • AWS Certified Security - Specialty の模擬試験

  • セキュリティ絡みのホワイトペーパー読む

  • 出てきそうなサービスのBlack Beltの資料読む


感想

プロフェッショナルレベルの資格を既にお持ちの方は、

そこまでハードルは高くない気がします。

私自身、模擬試験を受験して、「こんな感じかー」となったので。


今後

残る認定資格は、

BigdataとNetworkのspecialityとなりました。

日本語版が出るのが先か、私が英語を習得するのが先か…

願わくば、後者でありたいものです。