Edited at

snmpd の設定方法

More than 3 years have passed since last update.

CentOS 6.x でSNMPによる監視を有効にするため、SNMPデーモンを設定するやり方。

ぜったい忘れるのでメモ。


snmpdのインストール

[root@localhost~]# yum install net-snmp


snmpdの設定

詳しくはサンプル設定ファイルまたはマニュアル参照で。


/etc/snmpd/snmpd.conf

com2sec notConfigUser  default       public

group notConfigGroup v1 notConfigUser
group notConfigGroup v2c notConfigUser
view systemview included .1.3.6.1.2.1.1
view systemview included .1.3.6.1.2.1.25.1.1
access notConfigGroup "" any noauth exact systemview none none

# サーバの設置場所
syslocation somewhere
# 管理者の連絡先
syscontact Jun SAITO <jun.saito@example.com>
dontLogTCPWrappersConnects yes
# Hinemos 使うときは以下を追加
view systemview included .1.3.6.1



161/udp を開ける

開いてなければ設定する。

以下はプライベートネットワークからの通信を全許可する場合。

[root@localhost~]# iptables -I INPUT 3 -s 192.168.0.0/24 -j ACCEPT

ちなみにコマンドで設定すると再起動時に揮発するので、iptables-saveコマンドでダンプとっとくべき。


TCP Wrapper の設定

/etc/hosts.allow を忘れずに設定しておく。


/etc/hosts.allow

snmpd: 192.168.0.0/255.255.255.0



確認

プライベートネットワーク 192.168.0.0/24 の別のホストから以下のコマンドで確認。

IPアドレスは適宜変更。

[unicast@hinemos ~]$ snmpwalk -v 2c -c public 192.168.0.123