Git
fedora
P4Merge

Fedora 25 で Git のマージツールに P4Merge を使う

More than 1 year has passed since last update.

Fedora 25 の Git でマージツールに P4Merge を使う場合はひと工夫必要です、という話。


P4Merge をインストール

Perforce の公式サイトから P4Merge をダウンロードします。

https://www.perforce.com/downloads/helix

わかりづらいですが、P4Merge は HELIX P4V: VISUAL CLIENT に含まれています。

Visual Client をダウンロードしましょう。

Screenshot from 2017-04-18 19-41-24.png

ダウンロードしたら、tarball なので適当なところに展開します。

$ cd /opt

$ sudo tar xf ~/Downloads/p4v.tgz


PATH の設定

展開先の bin/ ディレクトリを ~/.bash_profile を編集するなどして PATH に追加しておきます。


~/.bash_profile

PATH=$PATH:/opt/p4v-2017.1.1491634/bin

export PATH


.gitconfig の設定

git mergetool 時に P4Merge を使うように ~/.gitconfig を設定します。


~/.gitconfig

[merge]

tool = p4merge
[mergetool]
keepBackup = false
[mergetool "p4merge"]
path = /opt/p4v-2017.1.1491634/bin/p4merge
keepTemporaries = false
trustExitCode = false


p4merge の起動スクリプトを配置

ここがひと工夫の部分。

Fedora 25 の Git はなぜか P4Merge サポートが入ってません。

(P4Merge がプロプライエタリ・ソフトウェアだからだろうか)

デフォルトだと以下のようなエラーメッセージが出てしまいます。

$ git mergetool

git config option merge.tool set to unknown tool: p4merge
Resetting to default...

Git のソースリポジトリから P4Merge 用のスクリプトを自分でとってくる必要があります。

$ cd /usr/libexec/git-core/mergetools

$ sudo wget https://github.com/git/git/raw/v2.9.3/mergetools/p4merge


確認

適当なリポジトリで git mergetool して P4Merge が立ち上がったらOK。

以上です。