Edited at

UX Competitor Analysis: 簡単なガイド


自己紹介

こんにちは、JP です。(Bridge Institute of Technology) 奥多摩日本語学校の学生です。現在奥多摩日本語学校の留学生です。、以前の記事にはUXデザインに興味を持っているということを書きました。この記事ではUXのCompetitor Analysisについて中心としてまとめました。


概要

UXデザインにはたくさんユーザーリサーチの方法があります。一つはUXのCompetitor Analysisです。しかし、UXのCompetitor Analysisはなにでふくまれるのかという質問があるので、一緒に理解しましょう!


UXのCompetitor Analysisとは

UsabilitygeekによるとUXCompetitor Analysisというのは、自分のプロダクトやサービスをよく知り、潜在的な競争と比較することを意味します。


目的

基本的に2つのフェーズで構成されています。まず、適切に研究する方法を知るべきで、探している情報を明確に知るべきです。あとは情報を分析してまとめます。

そうすると自分のプロダクトの市場のどこにあるのかを理解して強弱が表せます。そして、対象者をはっきり知れます。


UXのCompetitor Analysisステップガイド


1. 目標をはっきりにして理解するべきです。

最初に、UXのCompetitor Analysisの目標をはっきりしなければなりません。そもそもなぜこのリサーチをしていますか。具体的な目標を書きます。

そうすれば、情報を分析中に、目標を最初に明確にしたので、情報を読み誤がちのことは避けられます。


2. 競争をはっきり知るべきです。

直接競争と間接競争を定義してリストします。簡単な方法はググるスプレッドシートを使うことです。

ソース: https://www.smashingmagazine.com/2018/08/guide-competitive-analysis/

image.png

image.png


3. 情報の分析とまとめ

集めた情報から、分析します。それから、分かったことを書いて、簡単なまとめをします。

この段階で、プロダクトのイノベーションのために、競争の弱点を知っていて、デザイン機会を定義することができます。


4. まとめた分析をかかわる人達に発表する

簡単にするとパワーポイントを作ることです。パワーポイントの内容には一般的な情報より最も影響的な具体的なポイントをピックアップして、発表します。


まとめ

良いUXデザインをするために、リサーチが必要です。一つの方法はUXのCompetitor Analysisです。リサーチには、自分のプロダクトに対して、多くの情報があるので、どちらのが最も影響があるかということを明確に決めなければなりません。そうすれば、価値高い洞見が表せます。それをかかわる人達に発表したら、新しいアイディアが表せて、プロダクトのイノベーションへの道を開くことができます。


参考記事

https://usabilitygeek.com/how-to-do-ux-competitor-analysis/

https://www.smashingmagazine.com/2018/08/guide-competitive-analysis/