Help us understand the problem. What is going on with this article?

【ハンズオン】Node-RED入門編

More than 3 years have passed since last update.

初めに

Node-REDを始めようとしている方にNode-REDを使った簡単なアプリの開発方法をご紹介いたします。
・Node-RED
http://nodered.org/
・IBM Bluemix Node-RED Starter
https://console.ng.bluemix.net/catalog/starters/node-red-starter/
・IoT Sensorデモアプリ
https://quickstart.internetofthings.ibmcloud.com/iotsensor/

Node-REDは、オープンソースとして、プログラミングをほとんどいらないく、SNSや外部のAPI&IoT関連のサービスを提供されているGUIでノードを追加し繋ぎ、簡単なプログラミングでアプリケーションの開発が可能になります。
その中、IBM Bluemixには、Node-RED Starterを提供しており、環境の設定(構築)も入らず、すぐNode-REDを活用したアプリの開発が可能です。
その中には、IBM WatsonやIoT、サードパーティー APIなど、IBM Bluemixで提供している様々なノードを使うことができます。

今回のブログでは、下記の三つのサンプルコードを実際に動かしながらIBM Bluemix Node-REDの簡単な使い方をご紹介したいと思います。

・簡単なチャットアプリ
・twitterのデーターをDB(dashDB)に格納

事前準備(必ず確認してください。)

・IBM Bluemix アカウント取得。
 http://ibm.biz/bluemixfree
・IBM Bluemixのリージョンや作業スペースを確認
スクリーンショット 2016-03-25 13.31.59.png

今回は不要ですが、Bluemixで開発を行う際に必要ですので、参考として残しておきます。
・CF(Cloud Foundry) CLI Install
 https://github.com/cloudfoundry/cli/releases
・Bluemix CLI Install
 http://clis.ng.bluemix.net/ui/home.html
・CLIを使う際には「pip」のインストールが必要。(Python 2.7)
 https://console.ng.bluemix.net/openwhisk/cli
・pipのインストール
 https://pip.pypa.io/en/stable/

IBM Bluemix Node-RED開発環境構築

■ IBM Bluemix Node-RED Starter
・Bluemixログイン → カタログ → Node-RED Starter
スクリーンショット 2016-05-11 17.45.08.png

・必要な項目入力後、「作成」クリック
スクリーンショット 2016-05-11 17.47.08.png

・アプリが作成されたら、「① 概要」 → 「② 経路のURLをクリック」
スクリーンショット 2016-05-11 17.59.21.png

・この数分でNode-REDの環境構築終了、IBM Bluemixの強みの一つです。
スクリーンショット 2016-05-11 18.02.26.png

チャットアプリ

■ サンプルコードの入手
下記のURLに接続します。
https://hub.jazz.net/project/laoqui2/nodechat/overview

① ソースコードをローカルにダウンロードをし、フォルダー内の「nodechat.json」のコードを利用
② ソースコードをダウンロードせず、「nodechat.jso」を選択し、ソースコードを利用

スクリーンショット 2016-05-11 17.29.55.png

Node-REDは、「nodechat.json」のコードを利用し、ノードの作成(インポート)することが可能です。
ローカルにダウンロードした方も、「nodechat.json」のコードをNode-REDにインポートしますので、ダウンロードせず画面上でCopyした方が簡単かもしれません。

スクリーンショット 2016-05-12 10.39.44.png

■ デプロイして、アプリを起動しましょう。
スクリーンショット 2016-05-11 18.35.44.png

twitterのデーターをDBに格納

twitterから収集されたデーターをdashDBに格納してみましょう。

■ Node-REDアプリに「dashDB」をバインディングする
スクリーンショット 2016-05-13 10.55.47.png

■ dashDB Table追加

CreateTable
CREATE TABLE "TWEETS" 
(
  "TWEETID" VARCHAR(50),
  "SENTIMENT" INT 
);

スクリーンショット 2016-05-13 11.08.17.png

■ ノードを追加

スクリーンショット 2016-05-13 17.16.03.png

最後に

・今回のハンズオン資料は、こちらからダウンロードできます。
Node-REDハンズオン資料のダウンロード

■ 「Bluemix」の「今」をフォローしましょう!
・Facebook : Bluemixユーザーグループ
・Qiita : Bluemix Qiitaページ
・Doorkeeper:Doorkeeperコミュニティ
・Slack : Bluemix User Group(BMXUG)の交流用
・stackoverflow : stackoverflow(コミュニティQ&A)
・Twitter : #bmxug

joohounsong
PHP,RoR,JSなどで開発しています。 デベロッパーコミュニティやスタートアップに興味深い。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした