Help us understand the problem. What is going on with this article?

CData Excel Add-in のGUI でのフィルタリング機能を使ってみる(kintone 編)

More than 1 year has passed since last update.

CData Excel Add-in とは?

CData Excel Add-in は、kintone やSalesforce などのクラウドデータをデスクトップExcel から読み書き双方向で利用できるアドイン製品です。

複数データの一括入力・更新やメンテナンスから、Excel でのデータ分析や可視化に使われています。やっぱり、Excel の入力、ビジュアライズUI としての機能は大変優れています。データはクラウドで集中管理されながらも、使い慣れた・使いやすいExcel UI およびデスクトップでのデータ活用がExcel Add-in の価値です。

Excel Add-in version 2018 で「フィルタリング機能」を強化

データセットが大きい場合には、Excel に全レコードをロードしてから操作するということが難しいです。これまでは「クエリー」ボックスにカスタムSQL を手打ちすることでフィルタリングやソートを行うことができました。ただし、これはSQL を書けないユーザーにとっては使えない機能でした。

2018 版では、Excel Add-in にデータ選択画面からGUI でのフィルタリング機能が追加されました。これによりSQL を書かないExcel ユーザーでもデータの絞り込みが簡単にできるようになりました。
image.png

この記事では、フィルタリング機能の使い方を説明します。

CData Excel Add-in for kintone のダウンロード、接続の確立

アドインのダウンロード

CData wesite からCData Excel Add-in for kintone をダウンロードします。30日の評価版があります。
ダウンロードしたら、.exe ファイルを開いて製品のインストールを行います。

kintone との接続の確立

インストールが完了したら、Excel を開きます。
Excel のタブに「CDATA」タブができています。タブをクリックするとCDATA リボンが表示されます。中からkintone のアイコンをクリックします。
image.png

kintone アイコンをクリックするとデータ選択画面が開きます。接続の確立を始めます。
「接続ウィザード」を開くと接続プロパティ画面が出てきます。
最低限以下の接続プロパティに値を入力します。

プロパティ Note
Password kintone にログインするパスワード
Url kintone のURL
User ログインするkintone ユーザー

image.png

接続テストを押して、接続を確認します。接続が成功したらOK を押して接続を確立します。

接続データの選択とフィルタリング設定

接続が確立されると「テーブル」のドロップダウンにアプリ名がリスト表示されます。アプリ一つ一つがテーブルとなっています。テーブルを選択します。
選択すると「列」にテーブルのスキーマ情報が表示されます。どんなカラム(列)があって、それぞれがどんなデータ型になっているかなどです。

ここに「フィルタ」と「値」というインターフェースがあります。ここでフィルタ条件を選んで、フィルタ値を入力することで、フィルタリング設定ができます。

フィルタ演算子の種類:

フィルタ演算子
次の値に等しい
次の値に等しくない
次の値で始まる
次の値で始まらない
次の値で終わる
次の値で終わらない
次の値を含む
次の値を含まない

image.png

早速、ジャンル:ヘビメタ、売上枚数(百万):100、を条件として入力します。
フィルタ条件の入力が下の「クエリー」欄に反映されます。これで「OK」を押して実行します。
image.png

するとジャンルと売上枚数でフィルタされたデータがExcel にロードされました。フィルタリングはサーバーサイドで行われており、大きなデータセットから特定の項目を抜くときなどはパフォーマンスや通信量が効率化されています。
image.png

このように、SQL 文を書かないExcel ユーザーでも簡単に使いたいデータをフィルタリングしてExcel で利用することができます。

「ヘビメタ」はいかがなものか(おまけ)

デモデータに以下の懸念があります:
・「ヘビメタ」という響きはいかがなものか
・フィルタリングした1億枚以上を売り上げたバンドは、どう見てもメタルではない。ハードロックだろう。

ということで、HR/HM とでも書いてほしいですよね。

元のkintone のデータを更新するとレコード毎にフォーム入力が必要なので、せっかくですからExcel Add-in で一括編集を行いましょう。

image.png

先ほどの要領で、対象となるデータをExcel にバインドします。
Excel の置換機能を使って、「ヘビメタ」→「HR/HM」に変換をかけます。
image.png

変換されたデータ部分がExcel 上で赤字で表示されます。この状態ではまだkintone に反映ができていません。
CDATA タブの「アクション」系の「行の更新」をクリックすると変更されたデータがkintone 側にプッシュされます。
image.png

このように、簡単に複数レコードの一括編集ができました。

jonathanh
データドライバーのCData Software Inc. の日本代表。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away