Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

ADO.NET Data Provider でSalesforce データをVisual Studio で使えるようにする

More than 3 years have passed since last update.

Web API をADO.NET で使うメリット

CData ADO.NET Data Provider を通じて、開発者は広く使われているSalesforce, GoogleApps などの60を超えるデータソースに 対し、ADO.NET という単一の、かつ慣れ親しんだ規格でアクセスすることができます。SQL Server などのRDB を扱うのと同感覚で Saas データのAPI にアクセスるることが可能です。 また既存のシステムではすでにADO.NET のデータ規格を持つものが多く、それらのシステムでは改修なしにSaas データソースデータとの リアルタイムデータ接続を構築し、標準Transact-SQL でデータを扱うことができます。 さらに、ドキュメント作成負荷も少ないこと(テーブル形式のデータはそれ自体がドキュメントとして扱われます)や、Entity Framework のような人気のあるデータテクノロジーが利用できることもメリットです。

CData ADO.NET Data Provider のダウンロード

CData ウェブサイトのダウンロードページから30日間の評価版をダウンロードします。
.exe ファイルを起動してインストールを行います。

Salesforce アカウントへの接続

Visual Studio のサーバーエクスプローラーから「接続の追加」をクリックします。
スクリーンショット (143).png
ウィザードが開くので、データソースを選択します。CData 製品がインストールされていれば、ここにCData Salesforce Data Source (CData ADO.NET Provider for Salesforce 2016J) といった名前で表示されます。
次に認証データを入力します。Salesforce の場合には、User、Password、Security Token の3項目で認証が可能です。別にOAuth 2.0 でも認証可能ですが、この記事ではUser, Password, Security Token で認証します。
セキュリティトークンを取得する方法は次のとおりです。
Salesforce.com の[私の設定]→[個人用]→[私のセキュリティトークンのリセット]を開きます。[セキュリティトークンのリセット]をクリックします。トークンがE メールで送られます。
認証情報を入力したら、「テスト接続」で接続をテストします。テストに成功したら、OKを押して接続を確立します。
スクリーンショット (144).png

これで、Visual Studio においてデータソースとしてSalesforce データが使えるようになりました。サーバーエクスプローラーにはSalesforce のテーブル、ビュー、ストアドプロシージャがテーブル型のデータソースとして表示されます。
スクリーンショット (145).png

開発者はSalesforce データをSQL Server データを扱うのと同感覚で扱うことができます。標準のSQL に対応し、チャートやグリッドなどのコントロールへのデータバンドが可能で、EntityFramework6 などの強力なフレームワークも利用できます。

jonathanh
データドライバーのCData Software Inc. の日本代表。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away