Help us understand the problem. What is going on with this article?

enebularの標準INFOMOTION Type(PieChart, ValueRangePieChart)の使い方

More than 3 years have passed since last update.

enebularのINFOMOTION Typeはプラグイン化されていて独自に拡張も可能ですが、まずは標準のINFOMOTION Typeの使い方を見ていきます。

初歩デモ準備

enebular Advent Calendar 2016初日の@satton_maroyakaのエントリ、enebularをつかいはじめるにあるスライドを見て準備すると以下のようになります。

image

image

今回は標準INFOMOTION TypeのPieChartとValueRangePieChart用にランダム発生データを少し変更します。Functionノードを開いて以下のように変更します。

msg.payload = {
    id : "value" + Math.floor(Math.random() * 5),
    value : Math.floor(Math.random() * 100)
};
return msg;

PieChart

INFOMOTIONのCreate Graphで以下のような設定でPieChartを作成します。

image

これをLiveモードで開くと以下のようになります。

infomotion.gif

ValueRangePieChart

ValueRangePieChartとは送信されるデータの値を、例えば0〜20,20〜40,40〜60...のような範囲でカウントするためのINFOMOTION Typeです。

INFOMOTIONのCreate Graphで以下のような設定でValueRangePieChartを作成します。dividesで分割する数を指定することで範囲が決まります(この例ですと1005分割するので1つの範囲が20ということになります)

image

これをLiveモードで開くと以下のようになります。

infomotion.gif

まとめ

INFOMOTIONはグラフの右上にある日付指定コントロールの抽出条件によって絞りこまれた時系列データを扱いますので、PieChartやValueRangePieChartは抽出期間のデータの割合を見るという用途に便利だと思います。

joeartsea
Chief Technical Officer at Uhuru Corporation. enebular, Milkcocoa, Node-RED
https://about.me/joeartsea
uhuru
株式会社ウフルはインターネットによる革新的なサービスがお客様企業の価値向上につながる事を目指し「テクノロジーと自由な発想で未来を創る」を企業理念に掲げています。エッジとクラウドを “つなぐ” IoTオーケストレーションサービス「enebular®」をベースにIoTやデジタルマーケティングの領域で顧客のビジネスに変革をもたらし続けております。
https://uhuru.co.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away