Edited at

【AWS】VPC作成(2018年UI版)


【AWS】VPC作成(2018年UI版)

社内で開発中の案件にてサーバーもろもろが必要となり、構築を依頼されました。

調べながら進めていく中で、


  • 公開されている記事中のスクショ(AWSのUI)が古い

  • VPC作成せずにデフォルトVPCを利用している(ダメではない)

  • GUIではなく、コマンドラインでEB等を構築してる方が多い

とまぁ、もろもろあって自分のニーズに合わなかったので、AWSマネジメントコンソールで構築する手順をこの機会にまとめてみました。

僕もまだ不慣れな部分あるので、気になる点あればご指摘くださいm(・ω・)m

案件の環境構築時のスクショなのでモザイク多めです。

画像作ってから気づいたのですが、見られても問題ない部分もモザイクかけてますね。

もろもろご了承ください(・ω・)☆


構築する環境


  • ロードバランサーのタイプ


    • Application Load Balancer (ALB)



  • APIサーバー


    • Multi-container Docker running on 64bit Amazon Linux/2.11.4

    • t3.micro



  • Aurora


    • MySQL 5.7.12 互換

    • db.t2.small




前提として


  • AWSアカウントを持っている

  • AWSが好きだ

  • AWS以外愛せない

  • サーバー構築ちょっとできる(興味あるとかそのレベルでも良いかと)

上記の条件のうち、少なくとも3つは満たして欲しいです。

ちなみに僕は今のところAWSが好きですけど、愛しているというほどではないです。

アカウント作成は特に難しい作業ではないので、今回は割愛します。


VPC作成



まずはVPCサービスのページへ行き、VPC一覧ページへ。



次に、「VPCの作成」ボタンをクリック。



名前、IPv4CIDRブロックを入力し、テナンシーは「デフォルト」を選択し、「はい、作成する」のボタンをクリックします。



するとVPCが作成されます。

VPCを選択して、「アクション」ボタンから

- 「DNSホスト名の編集」を「はい」に変更

- 「DNS解決の編集」も「はい」に変更しておきましょう

DNS解決、DNSホスト名の項目が「いいえ」のままだとパプリックDNSが割り当てられないようなので注意。


サブネットの作成

VPCの作成が完了しましたら、左サイドメニューから「サブネット」を選択します。



サブネットの作成」ボタンをクリックし、以下の画像を参考に項目を埋めます。

サブネット作成後、画像の「サブネット詳細」のような表記になるかと思います。

今回は1つのアベイラビリティソーンに対し、Public用とPrivate用の2つのサブネットを作成しました。アベイラビリティゾーンは3つなので、計6つのサブネットを作成しました。

アベイラビリティゾーンの「d」は不要だったかもしれませんが、勢いで作っちゃいました。


インターネットゲートウェイの作成

続きまして、インターネットゲートウェイを作成します。

ここ、僕結構ハマりました。サブネット作り終えた安心感からか、作成漏れが発生してしまいました。

同じミスをする方が稀にいるようですね。忘れずに設定しましょう。



作成ボタンをクリックし、作成するインターネットゲートウェイの名前を入力。

インターネットゲートウェイを作成します。



作成したインターネットゲートウェイを選択し、アクションメニューから「VPCにアタッチ」をクリック。作成したVPCへアタッチできたら完了です。


ルートテーブルの作成



ルートテーブルの作成」をクリックして新規でルートテーブルを作成します。



適当な名前を付け、VPCを選択したら「はい、作成する」ボタンをクリックしてルートテーブルを作成します。



作成したルートテーブルを選択し、「ルート」タブを選択、「編集」ボタンをクリックし、画像の内容でルートを追加・保存します。



ルートの編集が済んだら、「サブネット」タブを選択、「編集」ボタンをクリックし、画像の内容でサブネットを追加・保存します。

今回は「public」と指定したサブネット3つを紐付けました。


VPC作成完了!!

いやぁ、長い道のりでしたね。

EBを利用するとデフォルトVPCを利用するのですが、1つのAWSアカウントで複数のプロジェクトを扱う場合や、セキュリティ的な観点からデフォルトVPCではない方が後々管理が楽だったりするかもですね。

次回は、作成したVPCを対象に、Elastic Beanstalkで実際にサーバーを構築して行きたいと思います。

では(・ω・)ノシ

※記事中の画像は全て、2018年11月時点の画像です。AWSのマネジメントコンソール上でUIの変更があった場合は気合いで理解してください。