Edited at

Alibaba CloudのECSに関する整理

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

 Alibaba Cloudの仮想コンピューティングサービスはECSと呼びますが、AWSのコンテナサービスもECSと呼んでいるので、わずらわしいです。AWSのEC2と似ってはいますが、違うところも少なくありません。最近Alibaba CloudのECSを弄り始めましたので、気になるところをここに整理します。

 随時追加/更新する予定です。


Alibaba CloudのECS

利用OS: Aliyun Linux

※ LinuxベースのAlibaba Cloudカスタマイズ版

No
項目
内容
備考

1
課金方式
従量課金/サブスクリプション
サブスクリプションの場合、リソースは契約期間中にずっと占有される、停止はできるが、リリースはできない

2
  ログインユーザー
root
rootユーザーの利用は避けたほうがいいので、役割ごとにuserを作成すること(個人を特定できるのがベストだが、運用コストは要考慮)

3
ログイン方式
PW/鍵認証
1: PW/鍵認証の設定はインスタンス作成後も可能
 ※ インスタンス再起動後、上書き方式で反映
2: 1 Key / instance
 ※ キーの共有はセキュリティー上問題あり、要注意
 ※ ユーザ/役割ごとのPWで運用にしたほうがいいかも

4
TimeZone
CST(中国標準時間)
必要に応じて、JSTに変更

5
グローバルIP
インターネット IP / Elastic IP
1: インターネット IPはインスタンス作成時、インターネット接続を選択した場合に付与されるもの、「停止→起動」で変更される
※都度変更されるわけではないが、(ここからは推測)おそらくインスタンス停止中、インターネットIPが再利用/リリースされたら、次回起動時に変更される

6
プライベート IP
-
インスタンス停止時変更可能


最後

 AWSを慣れた方はすんなりAlibaba Cloudを始められそうですが、AWSと同じと思い込んで使っていたら、ハマりそうかもしれません。