Git
RubyMine

RubyMineでコミットメッセージだけをamendで修正する方法

はじめに

Gitでは--amendオプションを使って直前のコミット内容やコミットメッセージを修正することができます。

# amendオプションを使って直前のコミットメッセージを修正する
git commit --amend -m "Fix bug"

RubyMineでもコミットダイアログに"Amend commit"オプションがあるので、これにチェックを入れれば直前のコミット内容を修正できます。
Screen Shot 2018-10-13 at 8.53.53.png

ただし、コミットダイアログを表示できるのは、ファイルに何か変更があった場合だけです。
単純に コミットメッセージだけ を修正したい場合はこの方法が使えません。

というわけで、この記事ではRubyMineでコミットメッセージだけをamendで修正する方法を紹介します。

対象バージョン

  • RubyMine 2018.2.3

ただし、RubyMineだけでなく、IntelliJ IDEAやPhpStormなど、JetBrains社製のIDE全体で共通すると思います)。

手順

Command+9でVersion Controlペインを開く。
Screen Shot 2018-10-13 at 8.37.39.png

Logタブを開く。
Screen Shot 2018-10-13 at 8.37.48.png

メッセージを変更したいコミットを右クリックし、Rewordを選択する。
(ただし、すでにorigin等へpush済みのコミットはRewordを選択できない)
68747470733a2f2f71696974612d696d6167652d73746f72652e73332e616d617a6f6e6177732e636f6d2f302f373436352f64626138336233662d663565322d373766662d383262612d3135653465323563383361612e706e67.png

新しいメッセージを入力し、OKボタンをクリックする。
Screen Shot 2018-10-13 at 8.43.39.png

手順は以上です!

まとめ

僕はつい最近までこの方法を知らなくて、ターミナルからgit commit --amend -m "Fix bug"のようなコマンドを入力していました。
僕と同じように、「IDE上でamendしたい!」と考えていた人は参考にしてやってください。

参考文献